※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《魔法少女達の百年祭》

No.1337 Command <第十四弾
NODE(6)/COST(2) 代替レース:魔法使い/魔法使い/魔法使い
効果範囲:目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果
発動期間:持続

 ターン終了時まで、〔あなたの場の「種族:魔法使い」を持つキャラクター全て〕は「戦闘修正:+X/+X」を得る。Xはあなたの場の「種族:魔法使い」を持つキャラクターの枚数に等しい。ターン終了時に〔あなたの手札にある「種族:魔法使い」を持つキャラクターカード1枚〕をあなたの場にスリープ状態で出しても良い。場に出した場合、〔冥界にあるこのカード〕を手札に戻す。

「あんたといい、妹様といい今日は厄日だわ!」

Illustration:もちぬ

コメント

種族:魔法使いのキャラクターをサポートするコマンドカード。魔法使い全てに戦闘修正を与えた上で、ターン終了時に後続の魔法使いを手札から出すことが出来、そうした場合は再利用できる。

同じ第十四弾に収録されているカードに類似した効果を持つ精霊の守護があるが、あちらより必要ノードが高く、互いにシナジーを持たない魔法使いしか強化できない点、相手のプレイしたカードに対する耐性を得られない点で劣るものの、魔法使いが3体必要とはいえあちらよりはいくらか代替レースを満たしやすく、またその条件も種族強化の効果に合致している点。また条件はあるものの再利用でき、その度に代替レースを満たしやすくなる点は良い。精霊の守護と違い、場に一定の魔法使いがいなくても効果を発揮できる点でも優れている。

そのためこのカードを利用する場合は、アリス・マーガトロイド/5弾エレン/14弾といったマナチャージ持ちや朝倉 理香子/14弾といった汎用性のある効果持ちを使って魔法使いを水増ししたり後天性変異で種族を変更してしまうなど、工夫しなければ大きな戦闘修正や代替レースでのプレイは出来ないだろう。

単に手札から魔法使いを場に出すコマンドカードとして使用することもできる。無縁塚などには気をつける必要があるが、2コストで何度も使用できるので小型の魔法使い以外を出すならば消費も気にならないだろう。
  • 当然、プレイを無効にされた場合は魔法使いを場に出す効果も解決できない。


  • 余談だが、イラストの魔理沙、パチュリー、フランのうち種族:魔法使いはパチュリーのみである。


関連


種族:魔法使いを持つキャラクターカード