※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《百鬼夜行絵巻》

No.1321 Command <第十四弾
NODE(2)/COST(1)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】

(自動α):
 〔このキャラクター〕は、「種族:妖怪」を持つキャラクターの枚数を参照する場合、3枚分として扱うことが出来る。

(自動α):
 〔このキャラクター〕は「戦闘修正:+X/±0」を得る。Xはあなたの場の「種族:妖怪」を持つキャラクターの枚数に等しい。

「この「百鬼夜行絵巻」が付喪神を生んでいたなんて…」

Illustration:道井祐輝

コメント

東方鈴奈庵で登場した、外来のものではあるが百鬼夜行を描いた絵巻の実物。妖怪の数だけ強くなる装備カード。

1つ目の(自動α)東風谷 早苗/5弾の同様に「種族:妖怪」の枚数を参照する場合に3枚分と扱うことができる効果。

次の(自動α)はセットされているキャラクターの攻撃力を自身の場の「種族:妖怪」のキャラクターの枚数分強化する効果。最初の(自動α)によって最低でも攻撃力+3となり、必要ノード2コスト1としては破格の効果である。
さらに「種族:妖怪」は夜雀『真夜中のコーラスマスター』小悪魔/9弾参番勝負『延羽化弾幕変化』などで容易に展開することができる種族なのでこの効果との相性は最高である。また必要ノード2以下のキャラクターも多いため猫符『怨霊猫乱歩』で3枚一気に展開することも難しくない。

強力な除去耐性を付与する魔鏡代替レースをこれ1枚で満たせる点も見逃せない。除去に弱い装備との相性は抜群である。

弱点は耐久力が上がらないこと。効果ダメージによる除去耐性は得られないし先制などの戦術を得るわけでもないので(元のキャラクターの戦闘力次第ではあるが)戦闘で相討ちになる可能性は変わらない。
継続的に高い攻撃力を得るよりは、防御キャラクターのいない隙により多くダメージを与えるためのカードだろう。


関連