※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《雷獣の毒》

No.1313 Command <第十四弾
NODE(1)/COST(0)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔このカード〕は、相手プレイヤーのノードが3枚以下の場合のみプレイ出来る。目標の〔相手プレイヤーの場のキャラクター1枚〕を裏向きにして、アクティブ状態でノードに加える。

「何か急にやる気が失せちゃったなぁ」
「息をするのもめんどくさい」

Illustration:里村響

コメント

プレイ制限のある、新たな低ノード帯の単体除去。

第十四弾環境では既に緑眼のジェラシーという高性能な先輩がいるが、こちらは相手のノード数によるプレイ制限が大分厳しくほぼ序盤かウィニーデッキ相手にしか撃てない、目標キャラをノードに埋める効果から展開を助長してしまう危険性がある、抵抗が無いというデメリットを持つ。
しかし、コストがかからず、決死状態や破棄に耐性を持つキャラにも有効である、相手キャラのみを目標にするため少女密室で跳ね返されないといった、あちらには無い独特のメリットがある。

使いどころがゲーム展開とデッキ相性に大きく左右され、霞網マナの生成の汎用性からノードを手軽に増やす手段が増えていると言う逆風はあるものの、刺さる状況では取り敢えず撃っておける便利な牽制球として、覚えておいて損は無いだろう。

関連