※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《禁忌「恋の迷路」》

No.1308 Spell <第十四弾
NODE(6)/COST(3) 術者:フランドール・スカーレット
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:持続

 ターン終了時まで、あなたの場のキャラクターの攻撃が防御された場合、〔あなた〕は1ドローする。あなたの場のキャラクターが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、〔相手プレイヤー〕は自分の場のキャラクター1枚を選んで決死状態にする。

空回りする恋をイメージしたスペルカード。複雑な迷路から抜け出すことは困難を極める。

Illustration:lain

コメント

フランドール・スカーレットのスペルカード


こちらのキャラクターが攻撃するたびに防御と引き換えの手札補充か、闇符『ディマーケイション』かを強要する。
複数キャラクターで一斉に攻撃すれば、その効果もより大きくなる。
しかし、こちらの場のキャラクターが攻撃に向いたものでなければ真価を発揮できないのが困りもの。更にこのカード自体のノード・コストの重さも加わり、このカードをプレイする頃にはそれなりの大型キャラクターか除去手段があるだろうから、このカードをプレイすること自体オーバーキルな感もある。

効果そのものはやはり強烈なので、堀川 雷鼓/15弾等の先制と高い攻撃力を持つキャラクターを並べる、霊符『古き地縛霊の目覚め』等で大型キャラクターを一気に釣り上げる、幻想の四季等で相手が対処しきれない量のキャラクターを並べる、高い戦闘力と良質な効果を併せ持つ魔界人デッキで運用するなどの工夫をして運用したい。


関連