※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《断命剣「冥想斬」》

No.1299 Spell <第十四弾
NODE(6)/COST(3) 術者:魂魄 妖夢
効果範囲:目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなた〕は名称を1つ宣言する。その後、〔宣言された名称を持つキャラクター全て〕を決死状態にする。

一撃で絶命させると共に、この世から跡形もなく消し去る戦慄の刃。

Illustration:青芝クレハ

コメント

同一名称のキャラクター全てを決死状態にする、魂魄 妖夢のスペルカード


場にいないキャラクターの名称を宣言することはほぼ無い事なので、最低でも1ノード重い死符『ギャストリドリーム』分の使い方は出来る。あちらと違い目標を取っていないのもポイント。
しかし、完全に同一名称のキャラクターが並ぶことは呪精裏向きキャラクターユキ/13弾マイ/13弾リリカ・プリズムリバー/11弾辺りでも使われない限りはそうそう無いため、1ノード重い死符『ギャストリドリーム』になってしまいがちなのが悩みどころ。
こちらの場に同名のキャラクターがいればそれも巻き込まれてしまうため、似たような形のデッキ同士での対戦(所謂ミラーマッチ)では撃つタイミングは慎重に選ばなければならない。

これに干渉して変装を撃てば、巻き込めるキャラクターを調整する事ができる。覚えておいて損は無いテクニックだが、同様に相手に撃たれたときの事も想定に入れておくべき。

  • かつてのユキ/7弾の事例から、「『プリズムリバー』の様にカード名称の一部だけを宣言すれば、沢山のキャラクターを巻き込めるんじゃないか?」と勘違いされる方もいるかも知れないが、これは誤りである。
    「プレイヤーがカード名称を宣言する場合には、参照先と完全に合致していなければならない」と、ルールで定義されているからである。
    名称を参照の事。禁忌『フォービドゥンフルーツ』根絶等も同様である)


関連