※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《火水木金土符「賢者の石」》

No.1291 Spell <第十四弾
GRAZE(0)/NODE(4)/COST(0) 術者:パチュリー・ノーレッジ
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】

(自動β):
 〔このカード〕が場に出た場合、〔あなたの場の他の「賢者の石」全て〕を破棄する。その後、〔あなたのデッキと冥界〕を全て見て、術者が「パチュリー・ノーレッジ」であり、それぞれ名称に「火」、「水」、「木」、「金」、「土」を含む「幻想生物」を持つスペルカードを1枚ずつ抜き出し、このカードにセットしても良い。その後、デッキをシャッフルする。

(自動γ):
 あなたがスペルカードをプレイした場合、〔このカードにセットされている同名のカード1枚〕を破棄しても良い。破棄した場合、目標の〔プレイヤー1人、またはキャラクター1枚〕に5ダメージを与え、〔あなた〕は1ドローする。この効果は1ターンに1度しか解決出来ない。

卑金属を金に変えたり石ころを宝石に変えるなど、不完全な物を完全な物に変換する、錬金術における至高の物質。

Illustration:鳥居すみ

コメント

パチュリー・ノーレッジのスペルカード
彼女の幻想生物をセットし、それと同名のスペルカードがプレイされた時におまけ効果を付ける世界呪符


条件を満たしたときに適用される効果は、キャラクターorプレイヤーへの5点火力+1ドローとかなり大きなもの。
1ターンに1回までと言う制限こそあるが、火力ダメージは半端な耐久力の中型キャラクターまでなら討ち取る事ができる数値であるし、プレイヤーにも飛ばせるので打点の詰めにも使えて便利。
1ドローも付いており、彼女の幻想生物を連鎖的にプレイすることも可能である。アクティブ状態のパチュリー・ノーレッジ/14弾がいれば、より早くデッキの幻想生物を一気に並べる事もできる。
この(自動γ)は「プレイした」時にトリガーするので、プレイしたスペルカードがカウンターされても効果は問題なく適用でき、この効果の解決がほぼ保障されているのも嬉しい。


これと似たようなコンセプトを持つカードとして五つの難題がある。
あちらと同様に、このカードがプレイされた時点で条件を満たすスペルカードを5枚用意できなければ、「弾丸」となるスペルカードは1枚もセットすることが出来ない。セットカードを用意できなかった場合は世界呪符故のプレイ制限も絡み、展開が遅れてしまう事にも注意したい。
そのため、(自動γ)の適用条件のことも考えると、同じ名前のスペルは多めに投入しておくべきだろう。特に【連結】(ユニオン)を持たないものは、デッキの空きスペースが許す限りフル投入してやりたいところだ。


関連


※術者が「パチュリー・ノーレッジ」であり、名称に「火」を含む「幻想生物」を持つスペルカード

※術者が「パチュリー・ノーレッジ」であり、名称に「水」を含む「幻想生物」を持つスペルカード

※術者が「パチュリー・ノーレッジ」であり、名称に「木」を含む「幻想生物」を持つスペルカード

※術者が「パチュリー・ノーレッジ」であり、名称に「金」を含む「幻想生物」を持つスペルカード

※術者が「パチュリー・ノーレッジ」であり、名称に「土」を含む「幻想生物」を持つスペルカード