※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《怪符「テーブルターニング」》

No.1288 Spell <第十四弾
NODE(4)/COST(2) 術者:レティ・ホワイトロック
効果範囲:複数の効果を持つカード
発動期間:瞬間

 〔このカード〕の解決時、相手プレイヤーのノード枚数からあなたのノード枚数を引いた値により、以下の効果を解決する。

 ・1~3枚…〔相手プレイヤー〕に2ダメージを与える。
 ・4~6枚…〔「マナチャージ」を持つ相手キャラクター全て〕を決死状態にする。
 ・7枚以上…〔相手プレイヤーのノード全て〕を破棄する。

自然霊の憑依によってさまざまな超常現象を引き起こす降霊術。参加した者の中には人格を破壊され、自殺を図った者もいる。

Illustration:あくぁまりん




コメント

レティ・ホワイトロックのスペルカード

相手のノードが自分のノードより多ければ多いほど強力な効果をもつ。
ノード差が1~3枚の効果なら白符『アンデュレイションレイ』を使った方がコストもかからないので、4枚以上の差をつけた上で効果を解決させたいところ。

自分のノードはプレイング次第で能動的に減らすことができるが、相手のノードを増やす手段は限られており、豊符『オヲトシハーベスター』でお互いのノードを増やしたり、華符『彩光蓮華掌』を使って相手にグレイズを強いたりする、といった工夫と手間を要する。
そこまでしてアドバンテージが得られるかは微妙なところなので、仮想敵や相手のデッキ構成次第での採用が無難かと思われる。



関連