※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《幽符「冥界ミステリースポット」》

No.1310 Spell <第十四弾
NODE(4)/COST(2) 術者:西行寺 幽々子
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】 

(自分ターン)(2)S:
 目標の〔あなたの場のキャラクター1枚〕を決死状態にする。この干渉終了時、冥界にあるこの効果で決死状態にしたキャラクターカード1枚を、本来のプレイヤーがプレイしたものとして解決する。

死者の集う幻想郷のミステリースポット


Illustration:tera

コメント

西行寺 幽々子のスペルカード

主な使い方は、自分ターン限定の耐性付加と「プレイされたとき」の(自動β)の誘発だろう。
コンバットトリックや除去カードで決死状態になりそうなキャラクターを目標にすれば、一時的に冥界に送ることで効果を回避することが出来る。
また、人の眼をした魔物でリアニメイトしたキャラクターを呪符を外すことによって完全蘇生させることもできるし、自分に不都合な呪符を能動的に外すことも出来る。

古明地 こいし/9弾射命丸 文/5弾のような(自動β)を持つキャラクターに対して使用すれば、記憶『DNAの瑕』と同じような効果を得ることが出来る。こちらは毎ターン起動コストがかかるが、任意のタイミングで起動することが出来る点と複数のキャラクター効果を使い分けることが出来る点で優れている。
綿月 依姫/13弾ならば、一気にノード加速を行うことが出来、さらに相手のブロッカーを排除することが出来るため相性は良いと言えるか。

関連