※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《式神『憑依荼吉尼天』》

No.1236 Spell <Special Collection Vol.12
GRAZE(2)/NODE(5)/COST(2) 術者:八雲 藍

【連結 (「八雲 藍」+ 名称に「式神」を含むカード1枚)】

【幻想生物】

 速攻 先制 抵抗(3)

(自動γ):
 〔あなたの場の名称に「式神」を含むキャラクター〕が相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、〔相手プレイヤー〕に5ダメージを与える。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、〔ゲームから除外されている「八雲 藍」1枚〕を、あなたの場にアクティブ状態で出しても良い。

攻撃力(5)/耐久力(3)

茶吉尼天は人の死を6ヶ月前に予知する能力を持ち、他の者に先んじて、死者の心臓を手に入れることが出来る。

Illustration:茶葉

コメント

式神強化用式神という少し変わったユニオン幻想生物。
八雲 藍のスペカには大体式神の文字がはいるので、プレイ条件自体はかなり緩い。

自動γは攻撃時の火力補助。これによってプレイヤーに戦闘ダメージを与える事に成功した場合、より相手に深手を追わせることができる。
効果が重複するので、複数枚展開することによってエンド級の攻撃力にすることも可能である。

現状、「式神」の名がつくキャラクターとなれるカードはこれの他に、式神『前鬼後鬼の守護』式神『仙狐思念』の3枚。
このカードは連結のルールによって「八雲 藍」としても扱われるため、上記2枚の維持コストを無視することが可能。
ただし、これを含めてフィニッシャーとして立たせるには貧弱な部類に入るため、攻撃を通すためのサポートが必須となる。
  • 自身の術者でもある変わった幻想生物なので、このカードに胡蝶之夢等で維持コストをつけられても一人で踏み倒すことができる。

2つ目の自動γは撃破された場合の補助効果。
耐久力が低いことから除去されやすいが、この効果によって術者にして素材でもある「八雲 藍」を呼び出せるため、
ボードアドバンテージを失いにくいのが特徴。

関連


※名称に「式神」を含むカード