※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《暗黒の奸智チーム》

No.1231 Character <Special Collection Vol.12
GRAZE(3)/NODE(7)/COST(1) 種族:妖怪/獣

【連結(「八雲 紫」+「八雲 藍」)】

先制 警戒 抵抗(5)

(自動α):
 ゲームから除外されているカード全てはコマンドカードとしても扱う。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、このキャラクターをゲームから除外しても良い、除外した場合、〔ゲームから除外されている「八雲 紫」と「八雲 藍」1枚ずつ〕を、あなたの場にアクティブ状態で出す。

 (相手ターン)(2)(S):
目標の〔ゲームから除外されているあなたのキャラクターカード1枚〕をあなたの場にスリープ状態で出す。

攻撃力(8)/耐久力(7)

「私の境界を見つける手段は無い!」
「目どころか、色々当てられない状態にしてやるよ」

Illustration:朱シオ

コメント

八雲主従ユニオン。
テキストとしては符ノ弐“八雲 紫”のアナザーバージョンといったところだろうか。
戦闘面でも攻撃力8点の先制持ちなど申し分ない。

自動αは除外カードをコマンドとしても使える効果。
素材でもある八雲 藍/13弾と非常に相性がよく、特に15枚有る場合のアンタッチャブル効果との相性は抜群である。
またコマンドして扱われるため、7弾のマエリベリー蓮子コンボによって好きなカードを手札に戻せるなど、こちらとの相性もいい。
逆にいえばこれらコンボを利用しなければ価値はない。

自動γは除去耐性。というより保険。
除去や戦闘で負けた場合も「八雲 紫」と「八雲 藍」を1枚ずつアクティブでだせるため、ボードアドバンテージを失いにくい。
終盤ではわざと突撃してやられ、代わりにアクティブキャラを二枚手に入れるといったプレイングも有効だろう。

相手ターン効果は符ノ弐“八雲 紫”のテキストとほぼ同じもの。
ただし出せるのは自分のキャラに限定されてしまっているのがネック。
警戒も持っているため、アタックしつつこの起動効果を使うこともできる。


関連