※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《封術》/用語・戦術


定義

10.31 封術
10.31.1 封術は戦術である。
10.31.2 封術の本来のテキストは以下の通りである。
10.31.2.a (自動α)〔このキャラクター〕はスペルカードの術者として扱う事が出来ない。
10.31.3 術者を名称に含むキャラクターがいるかどうかを問われた場合、術者として扱う事が出来ないキャラクターは、術者を名称に含んでいないものとして扱う。


コメント

キャラクターの所持する戦術のひとつ。

この戦術を持つキャラクターは場にいたとしても術者として扱うことが出来ないため、自身が術者であるスペルカードであってもプレイする際の必要ノードとコストや維持コストを無視することはできない。

デメリットとなる戦術ではあるが、デッキを構築する際に気をつければいいだけなのでゲーム中にデメリットと感じることはほとんどないだろう。

  • 強力なスペルカードを持つキャラクターを低い必要ノードで登場させるための配慮だと思われる。


関連


封術を所持するキャラクター(第十三弾現在)