※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《新難題「金閣寺の一枚天井」》

No.1181 Spell <第十三弾
NODE(5)/COST(3) 術者:蓬莱山 輝夜
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】 維持コスト(1)

(自動γ):
 あなたのメンテナンスフェイズ開始時に〔あなたの冥界の上のカード1枚〕を裏向きにして、〔このカード〕にセットする。

(自分ターン)0:
 〔このカードと、このカードにセットされているカード全て〕を破棄する。その後、〔必要ノードがX以下の相手プレイヤーの場のカード全て〕を破棄する。Xはこのカードにセットされていたカードの枚数に等しい。

金閣寺の天井は1枚の板でできているという伝説があるが、実際には複数の板を張り合わせたものである。

Illustration:besi

コメント

蓬莱山 輝夜のスペルカード。
どこぞのトラウマの元になっている、多くのブン屋を蹴散らした伝説の世界呪符である。

効果としては時限爆弾のようなもので、毎ターン冥界からカードをセットしていき、最後にこのカードとセットされたカードを破棄することでセットされたカード枚数以下のノードを有する相手場のカードを一掃できる。

類似効果を持つ秘術『天文密葬法』と比較すると、維持コストなども含め重いこと、抵抗を持っていないこと、破棄するまでにタイムラグが存在することなど不利な点が多いが、対象が相手限定であり一方的にアドバンテージが取れる点、そして破棄できるカードにコスト制限がない点で優れる。
維持コストが安く術者なしでもある程度運用できるものの、特殊なプレイングでもしないかぎりスタートは遅く、相手の大型キャラクターの展開に間に合わないことが十分考えられる。鬼火『超高密度燐禍術』で積極的にセットカードを増やしていきたい。

逆にこのカードで相手の場を壊滅させることさえ出来れば、そのアドバンテージは計り知れないだろう。自分の盤面も十分構築できているはずなので、勝利も近い。



関連