※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《藤原「滅罪寺院傷」》

No.1176 Spell <第十三弾
NODE(5)/COST(2) 術者:藤原 妹紅
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【ターン1枚制限】

 〔相手プレイヤーのデッキの上のカードX枚まで〕を破棄する。Xは相手プレイヤーのライフポイントからあなたのライフポイントを引いた値に等しい。但し、Xの最大値は10とする。

天然痘の流行を長屋王のたたりと恐れたせ聖武天皇は各地に寺院を建てた

Illustration:とり

コメント

藤原 妹紅のスペルカード
うまく使えば相手のデッキが大変なことになってしまう。

相手プレイヤーのデッキを相手と自分のライフ差の分だけ削ることができるカード。そのため新史『新幻想史 -ネクストヒストリー-』などのダメージを受けるカード、光の春などの相手にライフを得させるカードと相性がいい。


破棄するカードは対象であるため、効果の解決時に何枚破棄するかを決定する。また破棄する枚数は「X枚まで」であるため、任意で変更できる。



関連