※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《彗星「ブレイジングスター」》

No.1163 Spell <第十三弾
NODE(5)/COST(3) 術者:霧雨 魔理沙
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔相手プレイヤー〕は自分の場のキャラクターに10ダメージを可能な限り振り分けて与える。ただし、耐久力を超えるダメージを振り分けることは出来ない。

6500万年前、直径10kmに及ぶ彗星が地球に衝突し、恐竜は絶滅した

Illustration:とり

コメント

霧雨 魔理沙のスペルカード
相手場に10点ダメージをばら撒く。

10点といえば一見強力に見えるが、どのように振り分るかは相手が決定するため、狙ったキャラクターを除去できないこともしばしば。

但し「可能な限り振り分ける」ので相手のキャラクターの耐久力の合計が10以下場合には確定で全滅させることができる。またキャラクターを対象として指定していないため対象にならないキャラクターであっても除去できる可能性がある。

コストは術者が霧雨 魔理沙と比較的優秀なキャラクターであることや、2枚以上のキャラクターを除去できる可能性を考えれば特に問題にならないだろう。

複数のカードと組み合わせてダメージを与える場合はプレイする順番に注意すること。
  • 例えば相手の場に耐久力4のキャラクターがA,B,Cがいた場合、先に妖回針などでAに2ダメージを与えたとしても耐久力は変化しないため彗星「ブレイジングスター」のダメージはA4,B3,C3と割り振られて結局1枚しか除去できない。

後に会場限定PRカードとして同じ効果で【ラストワード】である『ブレイジングスター』が配布された。別名のカードなので、それぞれ3枚までデッキに組み込むことができる。


関連