※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《マイ》

No.1147 Character <第十三弾
GRAZE(1)/NODE(5)/COST(2) 種族:魔界人

(自動α):
 あなたの場に「ユキ」がいる場合、〔このキャラクター〕は「戦闘修正:-3/-3」を得る。

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたのデッキと冥界〕を全て見て、名称が「ユキ」であるキャラクターカード1枚抜き出し、あなたの場にアクティブ状態で出しても良い。出さなかった場合、〔このキャラクター〕を破棄する。

攻撃力(6)/耐久力(6)

「…」

Illustration:茶葉

コメント

二度目の収録となる、魔法使いの片割れ。
「ユキ」のサーチ効果と、マイナステキストを持つ。

(自動β)により「ユキ」をサーチしノーコストで場に出せる。
(自動α)による戦闘修正があるものの、ノード5から2コストと手札1枚でキャラクターを2枚並べられる効果は強力である。
さらに、魔界人デッキの場合魔界によりコスト0なんてこともザラ。
13弾のユキを出した場合、どちらも3/3ではあるが「片方が場からいなくなれば6/6になる」形になるし、インスタント雛人形を使えば6/6が2枚である。
また、攻撃した際、防御されなければ3ダメージのグレイズ1で、干渉で自動αをどうにかすれば(―旧地獄の使者などでマイ(ユキ)を場からどかすことも含めて―)6ダメージとなる。
防御されたとしても、相手のキャラクターを1枚使わせるし、それで決死状態になればマイ(とユキのうち攻撃しなかった方)は6/6になる。

  • ユキ/7弾を出す場合、上記のような、13弾同士の組み合わせでの運用に限られる効果は期待できないが、サーチによるデッキ圧縮や冥界からのサルベージをできるという点は活きる。
  • 「ユキ」を出さないことを選べば破棄できるが、よほどのことでない限りはノードを経由させてコストとして使うほうが得である。
  • ユキ/13弾と共通して、結束とは相性がいい。


関連


※名称が「ユキ」であるキャラクターカード