※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《九天の彷徨》

No.1212 Command <第十三弾
NODE(4)/COST(2)
効果範囲:その他
発動期間:装備

【装備/場】 抵抗(2)

(自動α):
 〔全てのキャラクター〕はそれぞれのプレイヤーの場で最も必要ノードが高いキャラクターの必要ノードの値により以下の効果を得る。

 ・3以上…「戦闘修正:+1/-1」
 ・5以上…「加護(3)」
 ・7以上…「(常時)(1)(S):目標の〔プレイされたコマンドカード1枚〕のプレイを無効とし、破棄する。」

「あなたは気がついていない。今宵は新月であったことに、すでに、昼と夜の境界は私の手の内にあることに」
(PR.122:「あなたは気がついていない。極楽と地獄の境界が曖昧になっている事に。ここは鬼達の無法地帯になっている事に」)

Illustration:Sui.(PR.122:ミユキルリア

コメント

必要ノードに応じて最大3つの効果を与える【装備/場】

まずそれぞれのプレイヤーの場で必要ノードがもっとも高いキャラクターの必要ノードの値を参照し、その値に応じてそのプレイヤーの場のキャラクター全てが効果を得る。

3以上の場合は「戦闘修正:+1/-1」を得る。
必要ノードが3以上のキャラクターが場にいるプレイヤーは耐久力1のキャラクターを場に出せなくなってしまう。また、攻撃力が上がって耐久力が下がるのでキャラクターとの戦闘において相打ちが発生しやすくなる。

5以上の場合は上記の効果に加えて加護(3)を得る。
耐久力は下がっているもののチルノ/11弾リリカ・プリズムリバー/11弾などのキャラクター効果は受けづらくなる。

7以上の場合は上記の効果に加えて、1コストと(S)することで作戦阻止と同様の効果を解決できるようになる。
加護とあわせてコマンドカードの影響はかなり受けにくくなる。

比那名居 天子/12弾ならば抵抗などの影響は受けるが、コストの支払える限り相手のコマンドカードを無効にすることができる。


先制を持つキャラクターや八坂 神奈子/11弾と相性がいい。


関連