※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《因幡 てゐ》

No.1138 Character <第十三弾
GRAZE(1)/NODE(3)/COST(2) 種族:妖怪/獣

(自分ターン)(S):
 〔このキャラクターにセットされている呪符カード1枚〕を、目標の〔相手キャラクター1枚〕に移す。その後、〔呪符カードがセットされていない相手キャラクター1枚〕を選び、あなたの場に移す。このターンの終了時、この効果であなたの場に移したキャラクターは、本来のプレイヤーの場に戻る。

(自動β):
 あなたの場に「八意 永琳」が出た場合、〔手札、または冥界にあるこのカード〕をあなたの場にアクティブ状態で出しても良い。但し、この効果で「因幡 てゐ」を1度に複数枚場に出すことは出来ない。

攻撃力(2)/耐久力(3)

「今年は鈴仙が嫌がるようなことはしないようにしようかしら」

Illustration:RiE

コメント

三度目のリメイクとなる因幡の白兎。
必要ノードやコスト、戦闘力、起動効果など第一弾のものと共通点が多い。

自分ターン効果はこのカードにセットされている呪符を利用した条件付のコントロール奪取。
自身にセットされている呪符を相手キャラクターに移した後、呪符がセットされていない相手キャラクターを奪うため実質相手の場にキャラクターが2枚以上いなければ奪うことはできない。(呪符を移すことはできる)

呪符がセットされていなければ活用できないが鈴仙・優曇華院・イナバ/13弾相手ターン効果とあわせれば相手の場にキャラクターが複数いる限り何度でも使用できるだろう。
その他利用法は因幡 てゐ/1弾罠符『キャプチャーウェブ』参照のこと。但し、この効果の性質上離反工作で奪われたキャラクターを奪い返すことはできない。

(自動β)は八意 永琳が場に出た場合に手札か冥界から出すことができる。
第十三弾の永遠亭メンバーはそれぞれに影響されて出し易くするテキストを有しているので、うまく行けば芋づる式に全員を呼びだすことも可能である。(部外者が紛れ込んでいる気もするが…)

関連