※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《黒猫》

No.1123 Character <第十三弾
GRAZE(1)/NODE(1)/COST(1) 種族:妖怪/獣

速攻

(自動α)あなたのノードが3枚以上の場合、〔このキャラクター〕は「変身」を得る。

攻撃力(2)/耐久力(1)



変身後

《橙》

GRAZE(2) 種族:妖怪/獣

先制

攻撃力(4)/耐久力(3)

「…」

Illustration:仄柑

コメント

三度リメイクされた黒猫。
前回まではその正体がわからなかったが、どうやら今回は妖怪の式の式の方らしい。

相変わらず1ターン目から出せる上に速攻持ちで2/1とキスメ/5弾と同等、それなりの戦闘力を持つ。しかし黒猫/10弾と違いグレイズが1あるので、1ターン目から攻撃に行くのはややためらわれるだろう。
しかしノードが3以上になると変身を得て、橙/13弾の基本スペックと同等の、先制持ちの4点アタッカーになれる。3ノード1コストの速攻・先制アタッカーとして見ることもでき、その場合は(抵抗こそないが)橙/13弾にはない速攻を持っていると、なかなかのスペックである。

スペック以外でも注目すべき点はあり、変身を使い分けることによって、橙と黒猫、両方のスペルカードの術者になれるという器用さを持つ。特に猫符『怨霊猫乱歩』は術者を据えてプレイしたいので、もしそのデッキが橙のスペルカードを投入する理由があるなら、すんなりとデッキに馴染んでくれるだろう。


  • 余談ではあるが、黒猫が術者であるスペルカードはいずれも火車の方の黒猫のスペルである。正体が式の式であるはずのこの黒猫は、なぜ他人のスペルを使いこなせるのだろうか……


関連