※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《管狐》

No.1122 Character <第十三弾
GRAZE(1)/NODE(1)/COST(1) 種族:妖怪

(常時)0:
 〔このキャラクター〕を目標の〔あなたの場のキャラクター1枚〕にセットする。以後、このカードは以下の効果を持つ装備カードとして扱う。

「戦闘修正:+1/+1 加護(3)

 (自動α)〔このキャラクター〕はスペルカードの効果の目標にならない。

 (自動α)〔あなたがプレイするコマンドカード〕のコストは+2される。」

攻撃力(1)/耐久力(1)

「そうですね、ではこういうのはどうでしょうか」

Illustration:あくぁまりん

コメント

欲につけ入り結局主に損をさせる狐。
起動効果装備カードになることができる小型キャラクター。

戦闘ではほぼ役に立たないため、その起動効果目当てでの運用が前提になる。

起動効果で装備カードになった際には戦闘修正と3つの効果を与える。

1つ目は加護(3)である。キャラクターに加護を与えるほかのカードに比べて必要ノード・コストともにかなり低いのが特徴である。

2つ目はスペルカード目標にならないというもの。先述の加護とあわせてかなり除去されづらくなるが、自身のスペルカードの目標にもできないため気をつけること。

3つ目はこちらのプレイするコマンドカードのコストが+2されるというデメリット効果。星熊 勇儀の効果よりはマシだが、こちらだけコストが増えるので構築段階で気をつける必要がある。


デメリットはあるもののたった1コストで除去に耐性を持たせられるのはありがたい。しかし1度キャラクターとして場に出さなければならないため、起動効果の使用に干渉してこのキャラクター自体を除去される可能性があることを忘れないように。

  • 相手プレイヤーがこちらのキャラクターを目標にコマンドカードをプレイしたことに干渉して起動効果を同じキャラクターを目標に使用したとしても加護の効果は解決されない。加護は「目標になった場合」の効果である。干渉で加護を持った状態にしたとしても、そのキャラクターは既に「目標になってしまった」状態なので効果は解決できないのだ。


関連