※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《秘術「天文密葬法」》

PR.110 Spell <第十二弾
NODE(3)/COST(2) 術者:八意 永琳
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】 抵抗(2)

(常時)(X):
 〔このカード〕を破棄する。その後、〔必要ノードがY以下の全ての場のカード〕を破棄する。Yはこの効果で支払ったコストXの2倍に等しい。但し、この効果ではコストが3以上のカードを破棄する事は出来ない。

When one's expectations are reduced to zero, one really appreciates everything one dose have. --Stephen William Hawking

Illustration:キレロ

コメント

八意 永琳のスペルカード。
全体除去効果を持つ世界呪符

それなりのコストをつぎ込む必要こそあるが、3ノードという破格の低ノードで場のリセットが可能。キャラクターのみならず世界呪符装備/場の対処も可能と、範囲が広く汎用性が高い。
低ノードのカードを用いて素早く攻めてくるウィニーデッキなどには、これ一枚で切り返しはおろかゲームエンドレベルのアドバンテージを持っていけるだろう。
その手のデッキによく投入されている十王の激怒に対しては抵抗(2)、世界呪符対策としてポピュラーな破壊工作に対しては効果範囲から外れる2コストと絶妙なデザインで対策がされており、非常に強力である。

ノードの高いカードを破棄するためにはコストをつぎ込まなければならない点と、3コスト以上のカードが破棄できないためコントロールデッキのフィニッシャーなど相手の強力なカードを破棄することができない点には注意。逆に言えば、構築やプレイング次第で自分の場のカードを対象から外すことができるということでもある。もともと3コスト以上であるカードはもちろん、霊烏路 空/9弾とは相性が良いといえる。

  • このカードは、「Phantom Magic Vision All Japan Championship 2012」の優勝者がデザインしたカードである。全くの余談ではあるが、本戦で彼が使用した業火絢爛を用いたウィニーデッキは、このカードに非常に弱い。
  • 通称は「Deed」。これはMtGのカード、「破滅的な行為/Pernicious Deed」に非常にデザインが似ていることが由来。なお、本家である破滅的な行為のイラストはこちら(外部リンク)。どうやら意図的なもののようだ。
  • フレーバーテキストは、「車椅子の物理学者」ことスティーヴン・ウィリアム・ホーキングの言葉である。
    • 期待値がゼロまで下がれば、自分に今あるものすべてに間違いなく感謝の念が湧く。


関連