※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《真実を変える力》

No.1118 Command <第十二弾
NODE(5)/COST(2)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【相手ターン制限】

 ターン終了時まで、〔相手プレイヤー〕の手札のコマンドカード、及びプレイされたコマンドカードのテキストは以下に変更される。

「〔あなた〕は(2)支払う。その後、手札を1枚を破棄する。」

「見出しと写真をざっとなめて、それでこの世の全てを知った気になっている人間が記事の内容を眺めこそすれ、本質を理解する暇など有る訳もない」
(PR.119:「本当に興味を惹く事件は、写真と見出しだけでほぼ9割の人は満足するのが現実よ!」)

Illustration:きゃっとべる(PR.119:君と子音

コメント

強烈なアンチコマンドカード効果を持つコマンドカード。
報道が、真実を歪める。

相手ターン限定ではあるものの、使用したターンの相手プレイヤーのコマンドカードのテキストを完全に書き換えてしまえる。書き換え後のテキストはデメリットしか無いため、実質相手のコマンドカードを完封可能。
プレイされたコマンドカードにも効果が及ぶため、相手コマンドに干渉して使用することになるだろう。その場合、このカードのプレイと同じコストを払わせた上で手札を1枚捨てさせるので、基本的には1:2交換、もし強引な取引干渉流星祈願会のような2枚のコマンドカードのプレイに干渉できた場合は、2コストで4コストを払わせたうえに1:4交換という、決定的とも言えるアドバンテージを確保できる。

相手ターン制限があるためにワンショットなどへのサポートこそできないものの、タイミングさえ噛み合えば陰謀論のような抵抗持ちで普通なら止めにくい強力なカウンターすらアドバンテージを取ったうえに実質的にカウンターが可能である。

ただし、このカードそのものには抵抗のような効果はないので、あっさりカウンターされて終わり、ということも十分考えられる。またこのカードを一度見せてしまうと相手はなかなか自分のターンでコマンドカードをプレイしてこなくなるだろう。ただし、強引な取引情報戦など、強力な効果を持つゆえに自分のターンでないとプレイできないカードもあるので、それらに対する牽制としてはとても優秀。


関連