※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《人間の消える道》

No.1115 Command <第十二弾
NODE(5)/COST(1)
効果範囲:その他
発動期間:装備

【装備/場】

(自動α):
 〔「種族:人間」を持つキャラクター全て〕は以下の効果を得る。

「(自動γ):
 このターンの終了時、〔このキャラクター〕をゲームから除外する。」

「とっくに夜の道から人間の姿は消えているし」

Illustration:会帆

コメント

強烈なアンチ人間効果を持つ装備/場
ターン終了時の処理の手順(IR-4.9.1)の関係上、このカードから人間を守る手段はほぼなく、自分、相手ターン両方の終了時に解決されるため、人間は速攻を持ってでもいない限りほぼ無力と化す。
ただし、その強烈な効果も人間限定。人間自体はかなりポピュラーな種族であるものの、やはり相手依存のため不安定さは拭えないだろう。しかし環境に人間デッキが溢れるようであれば、採用する価値は十二分にある。

このカードは積極的に使われると言うよりむしろ人間デッキを使う側のプレイヤーが意識しなければならない類のカードであろう。
神前試合ではこのカードの対策にはならない。神前試合でテキストが無効になるのはターン終了時までなのでこのカードの効果を解決するときには神前試合の効果は終了しているのだ。
コストは1なので破壊工作で対処することが可能。また、コマンドカードであり対象を取っているため、因幡 てゐ/10弾でも防ぐことができる。
一応後天性変異によって種族を変えることでも対処できるが五つの難題を使用することの多い蓬莱山 輝夜/10弾や人間であることに意味がある上白沢 慧音/9弾とは併用できない。
これらの対策を怠ると不意の一枚で詰んでしまいかねないため、注意を払おう。

それにしても永遠亭に篭りきりな姫様竹林の自警団がフラフラと夜道に消えてしまうとはシュールな光景である。どちらにせよもともとどこかに消えてしまうご老人もいらっしゃるが。

関連