※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ラストリモート》

No.1111 Command <第十二弾
NODE(4)/COST(2)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【自分ターン制限】 抵抗(2)

 〔相手プレイヤーのデッキの上から5枚〕を公開する。〔その中に含まれていたキャラクターカードと同名の、全ての相手キャラクター〕を決死状態にする。その後、デッキをシャフルする。

(自動β):
 相手のカードの効果によってキャラクターが場に出た場合、あなたは〔手札にあるこのカード〕を公開しても良い。公開した場合、〔相手プレイヤーのデッキの上から10枚〕を見て、あなたの任意の順番でデッキの上に戻す。

「せっかく来たのに何の手土産も無しで帰れないわ」

Illustration:きゃっとべる

コメント




  • 自動βを、神秘の卵孤高の監視者など「デッキをすべて見て場に出す」カードに対して使用した場合の挙動に注意。ラストリモートの効果の解決で並べ替える前に、デッキのシャッフルを行う。(∵IR-3.2.5 「他の効果でデッキのカードをドローする等、操作する場合」に該当)。
    • エンパシーのようにカードの効果としてシャッフルが指示されていないものと孤高の監視者のように指示されているものとで挙動が異なる。前者の場合は先述したとおりこのカードの効果で並び替える前にデッキのシャッフルを行う。後者の場合は同様に並び替える前にシャッフルを行うが、並び替えた後にカードの効果によってもシャッフルを行う。しかしこれではこの効果が無意味になってしまうため今後修正される可能性もある。


関連