※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《神前試合》

No.1100 Command <第十二弾
NODE(2)/COST(1)
効果範囲:その他
発動期間:装備

【装備/場】

(常時)(S):
 ターン終了時まで、「神前試合」以外の相手の場の「世界呪符」、または「装備/場」を持つカード全てのテキストは無効になる。

(常時)(1)(S):
 この干渉終了時まで、〔あなたの場のキャラクター全て〕は相手プレイヤーのキャラクター効果の対象にならない。

「何かがおかしいのよね。今のこの空気。貴方にも判るでしょう?」
「気の所為ね、ちなみにお賽銭箱はそこ」

Illustration:カズ

コメント

世界呪符装備/場を無効化する装備/場

必要ノード・コスト共に低めで出しやすい上、相手のキャラクター効果から自分の場のキャラクターを守る効果もある。
非常に汎用性の高いカードであるが、相手によってはただの置物と化すのできちんと目的を持って採用したい。

1つ目の(常時)スリープのみで相手の場の全ての世界呪符及び装備/場のテキストを無効にする。
他の光壁『ウォールブレイク』のような破棄する対策カードと違い、場にある限り1枚で複数の世界呪符、装備/場に対応できる。
しかし、このカード自身も装備/場なので他の装備/場と併用できず、光壁『ウォールブレイク』破壊工作などで破棄される危険がある。

2つ目の(常時)はスリープと1コストで自分の場のキャラクター全てを相手のキャラクター効果の対象にならなくする効果。
ただし、この効果を使用した干渉終了時までのうえ起動効果なので奇襲性もないが抑止力にはなる。


2012年11月23日のエラッタにより無効になるのが相手の場のみ、かつ(自動α)から(常時)スリープ起動効果で「ターン終了時まで」となった。
2つの効果からの択一になっただけでなく、自分ターンに使用すると次の相手ターンはどちらも使用できないため隙が大きくなった。また、相手の世界呪符、装備/場のプレイに干渉でプレイしたとしてもすぐには無効にできなくなった。
  • 自分の場の世界呪符の効果が無効になることを利用して魔眼『ラプラスの魔』の場に出た場合の効果を無効にし、その後にこのカードを破棄することで勝利条件を満たすというコンボが猛威を振るった。
  • また大輪『ハロウフォゴットンワールド』が破棄される4ターン後のターン終了時の間だけ効果を無効にすれば、以降は破棄されることが無いことを利用するためにも使用された。


関連