※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《マエリベリー・ハーン》

No.004 Character <第一弾
GRAZE(0)/NODE(1)/COST(0) 種族:人間

(自動α):
 あなたの場に「宇佐見 蓮子」がいない場合、以下の効果を使用することは出来ない。

(常時)(S):
 ターン終了時まで、目標の〔キャラクター1枚〕は「隠密」を得る。

攻撃力(0)/耐久力(2)

「―あれは人間じゃあ、ないから」
(SP-02:「どうせ室内のカフェなんでしょ?」)

Illustration:ニュー速回線(SP-02:しゃおみん

コメント

境界をその目捉える秘封倶楽部の片割れ。
隠密を付与する能力を持つが、前提条件が非常に厳しい。

宇佐見 蓮子/1弾とこれを3枚ずつ入れても、上手く揃うなんて思わない方がいい。
むしろ、どちらかを黄泉の舟で落として秘密結社で回収した方が早く出るんじゃないかと思うほどである。

能力自体は使いやすく、また他のカードとコンボとして組みやすい。
が、汎用性、使いやすさ、確実性などの点で完全に上位互換である光学迷彩スーツの登場により、かなり不遇を囲っているのも事実である。
ただあちらはコスト2点手札2枚という重さがあるので、上手く条件を満たしさえすればこのカードの能力のコストの軽さは利点であると言える。まあそれが難しいから不遇なのだが。
さらに追い討ちをかけるかの如くすり抜けが登場。あちらも光学迷彩スーツよりも軽くてハンドコストがいらないという利点を持った上で、このカードにはない奇襲性に優れている。
たとえ1ノード0コストであろうが発動条件の厳しさから採用は望めないであろう。

また、蓮子がいなくても近接戦闘符ノ弐“博麗 霊夢”霊符『夢想妙珠』の効果で(自動)を無効にすれば起動効果を使用できる。
符ノ壱“霧雨 魔理沙”で相方を偽造しても良い。

  • エラッタにより、コストが(1)→(0)、耐久力が(1)→(2)となった。


関連