※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《紅 美鈴》

No.1026 Character <第十二弾
GRAZE(0)/NODE(1)/COST(1) 種族:妖怪

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が戦闘を行う場合、〔このキャラクターと、このキャラクターと戦闘を行う相手キャラクター〕の攻撃力は、戦闘終了時までそのキャラクターの耐久力と同じ値に変更される。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が戦闘ダメージを受けた場合、〔あなた〕はライフポイントをX得る。Xはこのキャラクターが受けたダメージの値に等しい。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が相手プレイヤーのカードの効果で決死状態になった場合、〔あなた〕は1ドローする。

攻撃力(0)/耐久力(4)

「あんたが先に攻撃したのよ」

Illustration:ちもち

コメント

紅魔館の門番。スペルブレイクを除けば三度目の登場となる。
1ノード帯でありながら、3つの自動効果を持つ。


1つめの(自動γ)は、戦闘が耐久力勝負になるもの。
テキスト中の「そのキャラクター」はそれぞれのキャラクターのことを指しており、美鈴の攻撃力は美鈴の耐久力と同じ値に変更され、「美鈴と戦闘を行うキャラクター」の攻撃力は「美鈴と戦闘を行うキャラクター」の耐久力と同じ値に変更される。両者の攻撃力が「美鈴と戦闘を行うキャラクター」の耐久力と同じになるわけではない。
攻撃力がいくら高くても耐久力が3以下のキャラクターには一方的に打ち勝てる。反面、攻撃力が3以下でも耐久力が5以上あるキャラクターには返り討ちにあう。
基本的には序盤での足止めブロッカーとして運用するのが妥当であるが、終盤まで使うとなると、耐久力の強化か警戒が欲しい所。

2つめの(自動γ)は、戦闘ダメージ分プレイヤーが回復するというもの。1つめの(自動γ)を補強する意味合いがあるが、おまけ程度に考えていい。

3つめの(自動γ)は、効果除去に対する1ドロー。アドバンテージで損し辛くなるある意味除去対策。

  • 攻撃して防御されなかったときなど、戦闘する相手キャラクターが存在しない場合、一つ目の自動γは対象不適切で解決に失敗する。
  • N1C1でテキストを3つ持ちグレイズ0。カードパワーは高い部類であるが、攻撃力が0のため基本的に攻撃する意味が無い。ブロッカーとして残しておくのが有用な使い方となるだろう。立っているだけで(自分から動いていかなくても)仕事になるあたり、門番らしいデザインである
  • 「攻撃力が高く耐久力が低い」という傾向のある先制持ちに対して強め。フレーバーテキストも、それを意識しているのかもしれない。


関連