※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《嘘言「タン・オブ・ウルフ」》

No.963 Spell <第十一弾
NODE(4)/COST(2) 術者:四季映姫・ヤマザナドゥ
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

抵抗(3)

 あなたのデッキを全て見て、任意のカード1枚を抜き出し、デッキをシャッフルする。その後、〔あなた〕はカード種類を1つ選択し、相手プレイヤーは抜き出したカードが選択された種類であるかどうかを選択する。相手プレイヤーの選択が正しい場合、抜き出したカードを破棄する。相手プレイヤーが選択を間違えた場合、抜き出したカードを公開してから手札に加える。あなたの場に「四季映姫・ヤマザナドゥ」がいる場合、代わりにそのカードの効果をプレイしたものとして解決しても良い。 

オオカミが来たと聞いた村人達が驚いて、駆け付けてきました。それを見て、男の子は大笑い。~狼と羊飼い

Illustration:gisyo

コメント

四季映姫・ヤマザナドゥのスペルカード
第11弾の博打カード担当。
抵抗が(3)あるため、止められにくいが、効果を発揮できるかどうかはまた別の話。

選択する「カードの種類」とは、スペルカードキャラクターカードコマンドカードの三種類のことである。

「手札に無いが、あのカードを使いたい」というときに使ってみたいカードだが所詮博打。過度な期待はしない方がいいだろう。
失敗してもいいように、スペルカードならば想起『テリブルスーヴニール』、キャラクターカードならば秘密結社連結の対象にするなど、工夫して使ってみるのもいいかもしれない。

自分の場に「四季映姫・ヤマザナドゥ」がいる場合の追加効果は任意。
普通はプレイしたものとして解決した方が得だが、あえて手札に加えることも出来る。

  • 何度か修正が出ているので、使用前にテキストの確認が望ましい。
    • 第十一弾頒布当日の2011/12/30に緊急テキスト修正を受け、その後さらに2012/01/10に改めてエラッタを受け、現在のテキストに修正された。
      初期は「宣言」効果が問題となった。第二版は「公開してから」の部分がなかったため、たとえ当てられていても「選択は間違いだった」と言いはって手札に加えることができるという問題のあるカードであった。
    • 2012/07/16に、カード名の修正も出ている。



関連