※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《洩矢 諏訪子》

No.938 Character <第十一弾
GRAZE(3)/NODE(7)/COST(3) 種族:神

伝説

(自動β):
 〔このキャラクターカード〕をプレイする時、このキャラクターカードの必要ノードと必要コストを-Xしてプレイすることができる。Xはあなたの場の「種族:人間」を持つキャラクターの枚数に等しい。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が攻撃を行う場合、〔相手プレイヤー〕は(X)支払っても良い。支払わない場合、自分のキャラクターに防御を行わせることは出来ない。Xはあなたの場の「種族:人間」を持つキャラクターの枚数に等しい。

攻撃力(6)/耐久力(7)

「たまには山の上の神社にもお参りしに来ると良いよ」

Illustration:君と子音

コメント

三度目の収録となる祟り神。
今回は洩矢 諏訪子/5弾洩矢 諏訪子/3弾を合わせたようなテキストを持つ。

(自動β)はノード、コストの軽減効果。自身の場の種族:人間の枚数だけノードとコストがマイナスされる。洩矢 諏訪子/5弾と似ているが、こちらは「プレイである」「ノード枚数が必要」「場に諏訪子がいても有効」といった違いがある。

(自動γ)は防御妨害効果。
こちらも人間の枚数を参照し、その数だけ相手へコスト支払いを要求し、払えなければこのカードの攻撃を防御できなくする。防御以外の干渉を封じる神具『洩矢の鉄の輪』との併用で、攻撃を通しやすくなる。

どちらの自動効果も人間の枚数依存なので、人間が多ければ強く、少なければほぼ無力になる。東風谷 早苗/5弾や、攻撃力の数値だけ人間を展開できる壱番勝負『霊長化弾幕変化』とは相性がよい。

このカードを採用する際に最も障害となるのが洩矢 諏訪子/5弾の存在。東風谷 早苗/5弾とのコンボを前提とする場合、洩矢 諏訪子/5弾ならば妨害される事無く間髪入れず場に出す事が出来る。しかし、こちらの場合は1ターン待つ必要がある。
これは攻撃が1ターン遅れてしまうだけでなく、強力な幻想生物である土着神『手長足長さま』の展開もさらに遅れてしまう事になる。さらに、「場に出す」ではなく「プレイ」なので次のターンに他のキャラクターカードをプレイしてさらに場を固めるといった事も出来ない。
攻撃力も同じなので、他のカードとコンボするならば洩矢 諏訪子/5弾を、単独でも戦うつもりならばこちらを採用するといいだろう。

関連