※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《フランドール・スカーレット》

No.930 Character <第十一弾
GRAZE(3)/NODE(5)/COST(3) 種族:吸血鬼

伝説 変身

(相手ターン)(X)(S):
 この効果はディスカードフェイズにしか使用できない。目標の〔場のカード1枚〕を破棄する。Xは目標のコストに等しい。

攻撃力(6)/耐久力(5)



変身後

《スカーレットフライヤー》

GRAZE(0) 種族:吸血鬼

(自動α):
 〔このキャラクター〕はスペルカードの効果の対象にならない。

攻撃力(3)/耐久力(2)

「何も出来るはずがないわ、私は495年間一回も、お外に出てないのよ」

Illustration:キチロク

コメント

2度目のリメイクできゅっとしてドカーンが出来る様にになった妹様。

フランドール・スカーレット/7弾と同じ戦闘力だが伝説を取り戻した変わりに貫通を失ってしまった。今回の魅力はその除去効果と変身による回避効果である。

通常時の効果は相手ディスカードフェイズ専用の除去。
必要なコストはスリープ+対象のコストと割高ではあるが、特別な大型カードでもない限り支払うコストは1~3程度で済むため、その汎用性と威力を考えれば破格の能力と言えるだろう。
目標に出来るのは敵味方問わず場のカードである為、キャラクターから世界呪符呪符装備装備/場といった恐ろしい効果範囲である。また、決死ではなく破棄なので「決死状態になった場合~」などのカウンター効果に引っかかりにくい。
ただしコストの無いカードに対しては効果を起動することはできない(IR-1.8.9.l)。
西行妖/1弾嫦娥弐符などには無力ということになる。

注意すべきはコストにスリープを必要とする為、攻撃との両立が難しいのとディスカードフェイズ限定である事、目標を取っている事である。暴かれた陰謀等には注意しよう。

変身効果は原作でボムを回避する時に見せる蝙蝠形態「スカーレットフライヤー」になるというもの。スペルカードの対象にならない効果を持っているので上手く原作を再現していて、耐久力も2ある為不意打ち等で倒されないのも良い所である。

これだけを見ると単なる回避モードにみえるが、変身後のグレイズが0になるので、変身前に強力な攻撃向き神器を装備する事によってスペル耐性付きの0グレイズアタッカーが出来上がるので中々に侮れない。

ところが秘弾『そして誰もいなくなるか?』を使う場合は話が変わる。何せキャラや手札を根こそぎ除去した上、自身は蝙蝠になって回避しているので一人だけ場に残るといった場面になるのである。魔法研究を使っておいて四人に増えればえらいこっちゃになるだろう。

貫通を失った事による攻撃の弱体化が痛い所だが、それを補うだけの能力は備えているので、自分のデッキと相談してどの弾のフランを投入するかしっかり考えよう。


関連