※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《偽りの通路》

No.990 Command <第十一弾
NODE(4)/COST(2)
効果範囲:目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔攻撃を行っているキャラクター1枚〕をゲームから除外する。このターンのディスカードフェイズの終了時、相手プレイヤーは(4)支払う事でこの効果で除外されたキャラクターを自分の場にアクティブ状態で戻しても良い。

「月は元に戻ったのか?」
「いや、こいつじゃないわね、ほら、あそこ…」

Illustration:OrGA

コメント

館に棲むモノ迷ひ家を合わせたようなコマンドカード
同じ弾の小野塚 小町/11弾の効果とも共通点が多い。

館に棲むモノと比べて、相手が4コスト支払える場合でも攻撃をしのげる点と決死状態ではなく除外する点で優れている。あちらは第一弾のカードであり、さすがに隔世の感がある。
迷ひ家には多くの運用法があるため一概にと比べられないが、対象が攻撃キャラクターに限定される点で劣る代わりに相手が4コスト支払えない場合はそのまま除外できる点で優れている。

目標を指定しない効果なので目標にならない効果や、加護の影響を受けないというメリットもある。
アクティブ状態で場に戻るが、攻撃をしのぐという点では気にしなくていい。

迷ひ家同様に除外されているキャラクターを利用する符ノ弐“八雲 紫”とは相性が良い。また、地上の密室を使って除外領域へ閉じ込めてしまってもよいだろう。


関連