※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《聖者の秘術》

No.996 Command <第十一弾
NODE(5)/COST(3)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

【自分ターン1枚制限】
 このカードはメンテナンスフェイズにしかプレイ出来ない。目標の〔あなたの冥界にある「種族:仙人」を持つキャラクターカード1枚〕をあなたの場にアクティブ状態で場に出す。その後、〔場の必要ノードがX以下のカード1枚〕を選んで破棄する。Xはこの効果で場に出したキャラクターが持つ「加護」の値に等しい。

(自動β):
 〔このカード〕をプレイしたターンのドローフェイズはスキップされる。

「おぬしも戸解仙…だな?」
「不老不死として蘇った者同士、相手と競い合い、道を学び合うのだ!」

Illustration:Capura.L
エラッタ@2012/01/11

コメント

種族:仙人専用リアニメイト+除去。

効果は冥界仙人一枚をアクティブ状態で場に出し、その加護の値以下のノードのカードを破棄するというもの。第十一弾現在では豊聡耳 神子/11弾の加護(5)が最大。
種族:仙人には茨木 華扇(大鵬騎乗時)/11弾豊聡耳 神子/11弾といった大型キャラクターが多く存在しているので、それらをリアニメイトしてやれば一気に勝負を決める事も出来る。

デメリットとしてそのターンはドロー出来なくなることと、破棄は対象が存在する限り必ず行わなくてはならないこと。カードをドロー出来なくなってしまう効果を含めるとこのカード以外にも更に手札を1枚消費している事になるので、盤面では有利になるが手札面では不利になる。
さらに対象に取れるカードが自分の場にしかない場合、自身の場のカードを破棄しなくてはならない。プレイするならよく場と手札を見極めてから使用したい。

ちなみに裏技的ではあるがでルナ級セキュリティ相手ターンに使用すればドロースキップのデメリットは回避できる。豊聡耳 神子/11弾を出す場合は相手の場にノード5以下がいなくとも最悪は使用後のルナ級セキュリティを破壊してしまえば良い。

公式Q&Aより

  • Q382.聖者の秘術の効果で場に出たキャラクターが複数の加護(X)を所持している場合、聖者の秘術のXはどのようになりますか?
  • A382.聖者の秘術でXを参照する次点で、どの加護(X)の値を参照するか選びます。


関連