※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《愛宕様の火》

No.997 Command <第十一弾
NODE(5)/COST(3)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】 神器 加護(3)

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が戦闘を行う場合、〔戦闘を行う相手キャラクター〕は戦闘終了時まで「戦闘修正:±0/-9」を得る。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、その〔相手プレイヤー〕は自分の場のカード、または、手札を1枚選んで破棄する。

攻撃力(+2)/耐久力(+2)

「地上にはこれほど熱い火はほとんどない」

Illustration:日向あずり

コメント

神器持ちの装備カード。
ノード5にコスト3と神器としては平均的で、出れば非常に強力。

小型キャラクターに天狗の小槌を付けてからプレイしたり、森近 霖之助/1弾の効果を使用したりして付けるのもいいだろう。

戦闘修正が+2/+2と少々低いが、対戦相手の耐久力を-9する効果を有するため、ほとんどの相手キャラクターは耐久力不足で防御することもかなわなくなる。また相手プレイヤーにダメージが通ると相手の場または手札一枚を破棄させなくてはいけないため、受けるにしても厄介なカードである。
効果の相性上、貫通や先制を持っているキャラクターと相性がよく、それらに装備させて積極的に攻撃していきたい。
もちろん防御にも転用可能である。
だが破棄する効果は相手に選択権があるため、自身が貼りつけた呪符などが処理されぬよう注意したい。

原作での使用者である綿月 依姫/10弾と一緒に採用し、状況に応じて祇園様の剣と使い分けるのもいいだろう。ただしこちらのサーチ効果は有していないが。

また、新戦術の加護があるため、新たに除去耐性を持つ。

因みに、読みは「あたごさまのひ」であり、愛宕様とは有名な火神「火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)」のことである。


関連