※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《レイラ・プリズムリバー》

No.907 Character <第十一弾
GRAZE(0)/NODE(2)/COST(1) 種族:人間

マナチャージ(X)

(自動α):
〔このキャラクター〕の持つ「マナチャージ」のXは場の名称に「プリズムリバー」を含むキャラクターの枚数に等しい。

(自動γ):
〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、〔場の名称に「プリズムリバー」を含むキャラクターカード全て〕をゲームから除外する。


攻撃力(0)/耐久力(1)

「姉さん、私はここにいるわ」

Illustration:まき

コメント

騒霊三姉妹を創造したプリズムリバー四女。
今回はマナチャージャーとして帰ってきた。

このカードのマナチャージは場のプリズムリバーの枚数に依存し、大量展開が得意なプリズムリバーデッキとは相性が良い。
しかし、(自動γ)がプリズムリバーデッキへの投入を非常にためらわせる。せっかく展開したカードがまるまる除外されてしまう可能性が高いからだ。
このカード自体はグレイズ0、防御力も1しかなくたやすく決死状態になるため、相手からしてみれば大量展開したところを見計らって不意打ちを撃つだけで相手の場を更地にしてしまえる。
しかも道連れにされたプリズムリバーは除外となるため、連結やリアニメイトなどで再利用できないなど散々である。

相手のプリズムリバーも対象に取るため、このカードはプリズムリバーとセットで運用すると言うよりも、アンチプリズムリバーとして運用したほうが確実である。
騒霊三姉妹チームなどは1ターン目から場に出てくる可能性はざらにあるが、このカードをちらつかせることである程度の牽制にはなってくれるだろう。
ただ、11弾時点では他のデッキに押されてプリズムリバーをあまり見ないこともあり、除外効果を期待しての採用は難しい。
(自動γ)を当てにするのであれば、変装などと組み合わせることである程度は機能するだろう。

ちなみに、このカード自身にも「プリズムリバー」の名称があるため、単純にこのキャラクターが2体並ぶだけでマナチャージ(2)を持つキャラが場に2体現れることになる。
3体並ぶ状況は想像しがたいが、除外の危険を考える必要はあれど「並べることでより効果を発揮する」マナチャージャーであるとも言える。他の2ノード帯マナチャージャーと比べ戦闘力は最低だが、他のどのカードにも真似できない爆発的なノード加速を行える可能性を秘めたカードである。

リリカ・プリズムリバー/11弾などが一緒にいるだけでもかなりの加速力を持つため、デッキをプリズムリバー一色にしなくても十分に活躍の機会はあるだろう。

関連


※「レイラ・プリズムリバー」を参照するカード

※名称に「プリズムリバー」を含むカード