※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The Quartet

デッキタイプ:中速デッキ
構築者:Y.B

デッキ解説

デッキコンセプトは、4種類のマナチャージ能力を持つキャラクターにより、2~3ターン目以降に急加速し、比較的コストの重いコントロールカードや中量級キャラクターを息切れなく安定して展開するというもの。

コンセプト上、ノードの供給が非常に安定しており手札が尽きにくい。また、スリープノードをコストとしてカードをプレイする機会が多いため、フィニッシャーとして伊吹 萃香を採用している。(エラッタによって、以前ほど強力なシナジーはないが、)伊吹 萃香をプレイしたターンに星符『ドラゴンメテオ』と、それに対する断罪裁判断罪裁判してノードのない荒野に10/10のキャラが降臨という光景も珍しくはない。さらに、次のターン(悪くすると、そのターン)には、早くも作戦阻止をプレイするためのノードが揃っていることすらある。ここまで鬼回りしたら相手はたまらないだろう。

高速なキャラクター中心のデッキ相手には、先に攻撃されてもグレイズとマナチャージによって、すぐに相手よりも大きいサイズのキャラクターを場に出せるため、非常に相性が良い。(ルナチャイルドの攻撃も、喜んでグレイズして良い。攻撃させるための上海人形である。)

低速なコントロールデッキ相手でも、そもそもほぼ同数のカウンターカードが搭載されていることや、中量級のキャラクター相手に断罪裁判や除去カードを使わせて木符『シルフィホルン』連携攻撃によるコンボを決めたり、虎の子のフィニッシャーをパチュリー・ノーレッジとのにらみ合いに持っていけるため、相性は悪くない。(人界剣『悟入幻想』サニーミルク霧雨 魔理沙/1弾に打たれる場合が多いため、割と場に残りやすい。)

ただし、調子に乗ってマナチャージしまくっているとライブラリアウトで負けてしまうため注意が必要である。

なお、上述の通り、マナチャージができることを前提としたカードチョイスをしているため、恋符『マスタースパーク』をフル投入したデッキや、離反工作、サイドから投入されるであろう狙撃雹符『ヘイルストーム』リリーブラックによって、マナチャージを阻害されると弱い。したがって、解呪、追加の対抗魔術ナイトダンス等がサイドカードの候補としてあがるだろう。罔両『ストレートとカーブの夢郷』なんかも面白いかもしれない。

サンプルデッキ