※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《六道輪廻》

No.900 Command <Special Collection Vol.10
Node(5)/Cost(3)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【自分ターン制限】 

 〔あなたの冥界にある「連結」を持つキャラクターカード1枚〕をゲームから除外する。その後、〔あなたのデッキ〕を全て見て、除外したキャラクターカードと同じ種族を持つキャラクターカード1枚を抜き出し、あなたの場にスリープ状態で出してもよい。その後、デッキをシャッフルする。

「今年は六十年に一度訪れる『生れ変わり』の年なのです。そして桜の花は死と共に再生を意味します。」

Illustration:カズ

コメント

冥界【連結】(ユニオン)を持つキャラクターカードをゲームから除外し、同じ種族を持つキャラクターをデッキから場に出す事が出来るコマンドカード

冥界連結を持つキャラクターカード1枚をゲームから除外し、同じ種族を持つキャタクターをデッキからスリープ状態で場に出す事が出来る。
連結は幅広い種族を持つカードが多く存在しているので、除外した連結キャラクターの連結素材を場に出すのは勿論、幽冥の住人チームから西行妖/1弾魂魄 妖忌/9弾蒼穹の疾風チームから嫦娥天魔といった出しにくいキャラクターからフィニッシャーまで幅広く場に出す事が出来る。

条件さえ整っていれば同種族の連結も抜き出せるので、地獄の鳥獣チームから悪夢の記憶チームを出したり、氷雪の魔女チームから闇の創造神チームを出したりする事も可能。

また冥界に一度落とす必要があるため、祟り神の薫陶とも非常に相性がいい。能動的に連結キャラクターを冥界に落とせる上、3枚カードをドローできるのでアドバンテージを取りやすい。

ただし【自分ターン制限】を所持しているため、コマンドカードにしては奇襲性に乏しい。
コストも3掛かり冥界のカードを除外する必要もあるため、状況を良く見極めてプレイしたい。

  • 読み方は「りくどうりんね」。
    • 「六道輪廻」とは仏法における六つの地獄を巡る生まれ変わりの行為。全ての生物は六道の世界に生と死を何度も繰り返しさまよい続ける天界や人間界も六道においては地獄のひとつである。


関連Q&A

  • Q278.No.580 妖魔の眷属は、デッキから抜き出すキャラクターカードはこの効果でスリープ状態にしたキャラクターの持つ種族と完全に一致していなければなりませんか?
  • A278.いいえ、複数の持つ場合はそのうちいずれか1種族が同じであれば抜き出す事が出来ます。


関連