※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《蒼天の突風チーム》

No.891 Character <Special Collection Vol.10
GRAZE(3)/NODE(5)/COST(X) 種族:天狗

【連結(「射命丸 文」+「姫海棠 はたて」)】

先制 隠密 抵抗(3)

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたの冥界の上のカードX枚〕を裏向きにして〔このキャラクター〕にセットする。

(自分ターン)0:
 このキャラクターにセットされているカード1枚を破棄する。その後、目標の〔キャラクター1枚〕にXダメージを与える。Xはこの効果でダメージを与える時点で、このキャラクターにセットされているカードの枚数の3倍に等しい。この効果は1ターンに1度しか使用出来ない。

(常時)0:
 このキャラクターにセットされているカード1枚を破棄する。その後、この干渉終了時まで〔このキャラクター〕は、決死状態にならない。

攻撃力(6)/耐久力(5)

「どうしたの?あなたの取材魂はそんなものなの?」
「まだまだー!文こそ息が上がってきたんじゃないの?」

Illustration:ちもち

コメント

【連結】(ユニオン)を持つカードの一枚。
プレイコストを自由に支払い、そのぶんだけセットカードが増えるキャラクター。

プレイするコストを自分で決められる珍しいキャラクターであり、払った値に等しい枚数のカードを冥界の上から裏向きでセットし、所持している2つの効果で使用する。

1つ目の効果は(自分ターン)効果で、キャラクターを目標に取るダメージ効果。セットカードを1枚破棄することで、「その後の解決の時点でセットされている枚数」の3倍のダメージを与える。
つまり、3枚セットの状態から使用すると解決時には2枚セットになるので6点のダメージ、2枚セットの状態から使用すると3点ダメージということになる。
スリープがいらないので、自分ターンであればプレイした後すぐにダメージ効果を使用したり、相手の防御宣言に合わせてしてその防御キャラクターを除去したり出来るのもありがたい。

2つ目の効果は(常時)効果で、決死状態の無効効果。
同一干渉中でなければ1ターンに何度も使えるため、スペルカードによる除去に非常に強い。

両方ともセットカードを1枚ずつ消費していくので、ダメージ効果の出力と相談してプレイ時のコストを決める必要がある。

また、セットされているカードならば種類は問わないため、超小型プランク爆弾鬼火『超高密度燐禍術』などと相性が良く、それらのフォローが無くとも単純に種族:天狗先制隠密持ちである。第十弾環境では天狗デッキが多少流行しているとはいえ、0コストで出しても十分な脅威となる。

  • 基本的にXは数字として参照される場合、特に指定が無ければ0として扱う。つまり、二つの炎で場に出すと0/0の戦闘力となっていきなり決死状態になる。二つの炎との相性は最悪だろう。


関連