※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《天上の威光チーム》

No.881 Character <Special Collection Vol.9
GRAZE(3)/NODE(6)/COST(3) 種族:天人/妖怪

【連結 (「比那名居 天子」+「永江 衣玖」)】

伝説

(自動α):
 〔このキャラクター〕は相手プレイヤーのスペルカードの効果の目標にならない。

(自動α):
 〔あなたの場のキャラクター全て〕は〔効果範囲が「目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果(アイコンを参照)」であるスペルカード、コマンドカード〕の効果の対象にならない。

(自動α):
 〔このキャラクター〕は、場、及び冥界にある「要石」の枚数によって以下の効果を得る。

 ・1枚以上…警戒
 ・3枚以上…(自分ターン)(S):目標の 〔キャラクター1枚〕に5ダメージを与える。
 ・5枚以上…(自動γ):このキャラクターが攻撃を行った場合、戦闘終了時に
         〔相手プレイヤー〕に5ダメージを与える。

攻撃力(7)/耐久力(7)

「総領娘様は何か考えがあってやっていると思いますが」
「無いよ、その時はその時よ」

Illustration:ちもち

コメント

【連結】(ユニオン)を持つカードの一枚。「東方緋想天」に登場する二人の連結キャラクター。
伝説と同一ノード帯において頭ひとつ抜けた戦闘力、二種類の耐性と、火力効果を持つ。

1つ目は相手のスペルカードの効果の「目標にならない」効果
2つ目は永江 衣玖/5弾と同様の「対象にならない」効果
必要コストが高く連結持ちであることで、永江 衣玖/5弾のように相手の全体除去に干渉して妖魔の眷属で場に出すことがし辛くなっているが、それを補って余りあるほどの性能を持つ。
スペルカード耐性はあらゆるカードの中でも最高クラスだろう。

また、場および冥界にある「要石」の枚数により能力が追加される。
比那名居 天子/9弾と違い場にあるものも参照できるため、要石『カナメファンネル』を場に複数展開可能という利点も生まれる。

1枚以上の場合、警戒を得る。高い戦闘力とカード耐性を誇るこのカードが得る警戒は見た目以上の脅威となる。
3枚以上の場合、スリープにすることでキャラクターに5ダメージを与えるというもの。朝倉 理香子/10弾サラ/7弾のような居座るキャラクターを除去しに行けるので、大型アタッカーにしては汎用性が高い。前述の警戒を得る効果とも相性は抜群である。
5枚以上の場合、戦闘終了後相手プレイヤーに5ダメージを与えるというもの。攻撃する度に要石『天地開闢プレス』が飛んで来ると思えばその怖さが分かるだろう。
防御されても5点ダメージが発生するため、相手プレイヤーにダメージを刻み続ける事が出来る。かといって相手が防御しなかった場合にも効果が発生するので更なるダメージの底上げになる。

「要石」の枚数を問う能力から比那名居 天子/9弾を選択されやすく、その延長戦上で緋想の剣要石『カナメファンネル』がデッキに採用されやすいため、見た目以上に除去耐性に優れたキャラクターになりやすい。
しかし、上記のカード全てをセット出来てもキャラクター効果への耐性が無いので暴かれた陰謀などでサポートしてやりたい。

全体的に欠点らしい欠点は見当たらないが、比那名居 天子/9弾緋想の剣を抜き出していた場合、連結の際にその天子を利用しても緋想の剣は引き継げないため、抜き出し前提で数を抑える構築をし難くなる。

同じコストで連結素材でもある比那名居 天子/9弾に比べると、こちらはアンタッチャブルが付いた代わりに、相手プレイヤーへのダメージは攻撃が前提となり、要石『カナメファンネル』を積極的に活用できるようになった代わりに霊想『大地を鎮める石』の恩恵を得られづらくなるなど、全体的にビートダウン向きになっている。
もしプレイヤーへの直接ダメージを狙っている場合は比那名居 天子/9弾のほうが優秀なので、状況に合わせて使い分けていきたい。


関連


※名称に「要石」を含むカード

※効果範囲が「目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果」であるカード