※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《人の眼をした魔物》

No.878 Command <第十弾
NODE(5)/COST(2)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなた〕はライフポイントを5支払う。その後、目標の〔あなたの冥界にあるキャラクターカード1枚〕をあなたの場にスリープ状態で出し、〔このカード〕をセットする。このカードは以後、以下の効果を持つ呪符カードとして扱う。

「(自動α):
  〔このキャラクター〕はこの効果と以下の効果を除く、全てのテキスト、および種族を失う。

(自動γ):
 〔このキャラクターにセットされている「人の眼をした魔物」〕が破棄された場合、〔このキャラクター〕を破棄する。」

「お前も偽物だ!私には全て分かっている!」
「だが、正体を見抜いたところで私には勝てまい!」

Illustration:ideolo

コメント

「東方非想天則」美鈴ルートにおける霧雨魔理沙ステージのタイトルを冠したコマンドカード
5ライフを代償にリアリメイトを行い、目標のキャラクターカード呪符としてセットされ、2つの制約を受ける。

1つ目の制約として、セットされたキャラクターのテキストと種族を全て失う。そのため、嫦娥のような効果に頼るキャラクターを釣り上げても全く無意味である。魂魄 妖忌/1弾レミリア・スカーレット/5弾のようなデメリット持ちのキャラクターには嬉しい効果だが、戦術も失っていることに注意。
逆に幽香四季映姫・ヤマザナドゥ/1弾などの単純に戦闘力だけが目当てのキャラとは相性がよい。

2つ目の制約は、セットされているこのカードを破棄されると、同時にキャラクターも破棄される。これは1つ目のテキストを失う効果から除かれているため、その効果では消えることは無い。

  • テキストが全て失われるので【】内の記述も無効になる。しかし、連結弐符の解決はこのカードがセットされる前に行われるので除外コストを無視する事は出来ない。


関連