※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《動物使役》

No.869 Command <第十弾
NODE(3)/COST(3)
効果範囲:複数の効果を持つカード
発動期間:瞬間

 以下の効果から1つを選んで解決する。

 1.目標の〔「種族:獣」を持つキャラクター1枚〕をあなたの場に移す。

 2.〔あなた〕は(2)支払う。その後、〔あなたの冥界の上のカード1枚〕 を裏向きにして、あなたの場にスリープ状態でセットする。以後、そのカードはキャラクター「ドラゴン(GRAZE2、7/6、種族:龍」として扱う。

「龍の子供です。私の言う事なら何でも聞きます」

Illustration:Sui.

コメント

種族:獣のコントロール奪取か、裏向きキャラクター生成かを選択するコマンドカード
イラストには書籍作品「東方茨歌仙」の主人公、茨木華扇が登場している。

1つ目の効果は目標の種族:獣1体をこちらの場に移すというもの。
種族:獣には強力なキャラクターやコンボの基点となるキャラクターが多いため、それを奪ってやれば相手に大打撃を与える事が出来るだろう。離反工作のように呪符だったりもしないので、一度奪ってしまえばずっとコントロールを掌握出来る。
ただし、コストが非常に重い点に注意したい。相手の切札を奪えなければコストが無駄に終わってしまう。目標が限定的過ぎるので2つ目の効果を目的に採用して、場合によってはこちらを使うという運用法の方が良いだろう。

2つ目の効果はドラゴンという裏向きのキャラクターを場に出す効果。元々重かったコストに追加コストが掛かるので非常に重い。
しかし、その重さに見合った活躍は見せてくれる。ノード3の時点で場に出せるにもかかわらず7/6という圧倒的な戦闘力を誇り、戦術や効果は持たないもののグレイズも2と平均値以下なので、アタッカーとしてとても優秀である。コストの支払いタイミングが異なっているためプレイ時にスリープにしたノードを使用できるのもポイント。
キスメ/9弾でサポートしてやれば、まさしく伝説の生物らしい活躍をしてくれるだろう。

  • フレーバーテキストを見る限りこのドラゴンはまだ子供らしいが、神や鬼の四天王をも凌ぐ戦闘力を持っている。これが成体になったらどのくらい強くなるのだろうか。
    • 後に龍の成体といえるカードが登場したが、ドラゴンの2倍以上の戦闘力を誇っていた。流石は伝説の種族であるといえる。


関連