※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《天魔の号令》

No.880 Command <第十弾
NODE(6)/COST(2)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

【自分ターン1枚制限】 抵抗(2)

 目標の〔あなたの場の「種族:天狗」を持つキャラクター1枚〕をスリープ状態にする。その後、あなたのデッキを全て見て、〔任意の枚数の「種族:天狗」を持つ、必要ノードがX未満のキャラクターカード〕を抜き出し、あなたの場にスリープ状態で出しても良い。Xは目標のキャラクターの必要ノードに等しい。但し、この効果で同名のキャラクターカードを複数枚場に出すことは出来ない。その後、デッキをシャッフルする。

「今こそ我らの力を終結し、敵を討つ!」

Illustration:CircleK

コメント

自分より弱い天狗を場に呼び出す天狗組織をイメージしたカード。
妖魔の眷属の亜種といえるカードだが、所々が異なる。

第十弾現在、種族:天狗を持つキャラクターは射命丸 文、姫海棠 はたて、犬走 椛、深山の大天狗、天魔、そして連結持ちの蒼穹の疾風チームの計6名。
スリープにした天狗よりも低いノードの天狗を場に出す効果だが、任意の枚数なので妖魔の眷属とは違い複数展開する事が出来る。よって、天魔に使えば現在存在している全ての天狗を呼び出す事が出来る。
深山の大天狗を使うだけでも天魔以外の天狗は場に出せるため、最低でも深山の大天狗を使いたい。

大量にキャラクターカードが場に並ぶためあまり意識をしないかもしれないが、プレイをせずに場に出すため射命丸 文/5弾深山の大天狗/3弾などの強力な(自動β)犬走 椛/7弾速攻が意味を成さなくなったり、犬走 椛/3弾にいたっては何もせずに手札に戻ってしまうので注意。



関連