※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《月の都》

No.854 Command <第十弾
NODE(1)/COST(1)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【相手ターン制限】

 この干渉終了時に、〔あなたの手札にある戦闘力の合計値がX以下のキャラクターカード1枚〕をあなたの場にアクティブ状態で出す。Xはあなたがこの干渉中に受けたダメージの合計値に等しい。

(自動β):
 メンテナンスフェイズに〔あなたの冥界にあるこのカード〕をゲームから除外しても良い。除外した場合、〔あなたの冥界にある「月の都」1枚〕を手札に戻す。

「八意様の手紙通りならば、近いうちに地上から攻めてくる者がいるはずというのに、大丈夫かしら」

Illustration:朱シオ

コメント

ダメージに対するカウンターコマンド。
紅魔館白玉楼などと同様冥界回収能力を持つカードの一つ(詳細は紅魔館の項)。

受けたダメージに応じたキャラクターカードを手札から場に出す事が出来る。
ただし、戦闘力の合計値とは攻撃力と耐久力を合わせた数値なので、たとえ大ダメージを受けても大型キャラを呼び出すのはかなり難しい。
逆に低戦闘力のキャラとはとても相性がよく、特に嫦娥は3ダメージで簡単に呼び出すことが出来る強力なキャラである。くるみ/9弾で攻撃したら嫦娥に出て来られるとなると相手からしたら大打撃である。

【相手ターン制限】を持つため、能動的に使うには工夫が必要。とはいえ冥界回収能力を持つカードなので、採用するなら連発しても良いだろう。数撃ちゃ当たる理論である。

関連


※似たような(自動β)を持つカード