※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《嫦娥》

No.820 Character <第十弾
GRAZE(0)/NODE(-)/COST(-) 種族:人間

伝説 耐性:幽霊

(自動α):
 〔あなた〕はダメージを受けない。

(自動α):
 〔このキャラクター〕は他のカードの効果で決死状態にならない。

攻撃力(0)/耐久力(3)

「…」

Illustration:Dai

コメント

「東方儚月抄」に名前のみ登場するキャラクター。
西行妖/1弾以来の必要ノード・コストが‐の弐符ではないキャラクターカード。

(自動α)により、そのプレイヤーは一切のダメージを受けなくなる。オレンジ/9弾と違い戦闘ダメージも受けないので、相手がこのカードを処理するカードを持っていない場合、このカードを出しただけで決着が付く事もある。
さらにこのカード自体も、(自動β)により他のカードの効果で決死状態にならない。戦闘では普通に決死状態になってしまうものの、このキャラクターを戦闘に参加させる事は滅多に無いだろう。

このように出されるだけで一部のデッキは詰みかねない効果を備えている。
いずれも強力ではあるが、対策法が無いというわけでは無い。このカードを対策するには以下の方法が考えられる。
このように強力なように見えるこのカードにもスキは多い。自分で使う場合、中でも離反工作は非常に危険である。このカードを出しただけで安心せず手札にカウンターカードは常に握っておきたい。

出せればゲームの流れを制圧しうる効果を持つこのカードだが、最大の欠点として必要ノード・コストが‐なため出すのは容易でない。種族人間なので西行妖/1弾のように死霊の復活に頼る事も出来ない。
しかし、月にいるためか月の都を使用すれば簡単に出すことが出来る。序盤に攻撃して来る事の多いくるみ/9弾はこのカードの戦闘力合計と同じ3なので月の都との相性は抜群。この他に不滅『フェニックスの尾』なども利用し、何とかして場に出してあげよう。

さりげなく伝説持ち。滅多にないことだろうが、神器装備して殴るなんてことも可能。攻撃を行わないにしても祇園様の剣あたりを装備して放置したり、難題『龍の頸の玉 -五色の弾丸-』で相手キャラクターの除去を狙ったりするなど如何だろうか。
そして耐性:幽霊まで所持してはいるが、このカードが場に出ている状況で攻撃を仕掛けてくる相手はそうそう居ない。よって、こちらはこのカードを強化して攻撃したり、諏訪大戦などをプレイされた時くらいにしか活用出来そうに無い。


  • 傀儡の死者鬼符『ミッシングパワー』などでこのカード自体が「〔このキャラクター〕は~決死状態になる」というテキストを持った場合、それによる決死状態(自動α)では防げない。
    • "他のカードの効果で決死状態にならない"とは、"「効果の発生源」がこのカードではない効果 で決死状態にならない"という意味である。
  • 名前の読み方は「じょうが」。
    • 「嫦娥」とは中国神話に登場する羿の妻。不死の薬を飲み、月に逃げたとされている。東方における嫦娥も同じく不死の薬を飲んでいる。


関連Q&A

  • Q090.決死状態にならない、という効果が適用されているキャラクターは、戦闘修正により耐久力が0以下になった場合でも決死状態になりませんか?
  • A090.いいえ、決死状態になります。耐久力が0のキャラクターは、耐久力が1以上にならない限り、必ず決死状態になります。
    (参考:IR-9.2.2.b)


関連