※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《八意 永琳》

No.819 Character <第十弾
GRAZE(2)/NODE(10)/COST(7) 種族:人間

耐性:幽霊

(自動β):
 あなたの場に「蓬莱山 輝夜」がいる場合、〔このカード〕の必要ノードとコストを-5してプレイすることができる。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が相手キャラクターと戦闘を行う場合、戦闘終了時まで「戦闘修正:+4/+4」を得る。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が戦闘によって相手キャラクターを決死状態にした場合、次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。

攻撃力(4)/耐久力(6)

「ここまで誘い出したのも、思う存分遊ぶ為。安心していいわ。朝になれば満月は元に戻してあげるから」

Illustration:此処之ココ

コメント

再び重くなって帰ってきた月の民。
戦闘に関する複数の自動効果を持つ。

ノード・コスト共に異常といえるほど高く、普通に出すと戦闘力とコストが釣り合わない。よって、「蓬莱山 輝夜」との併用でN5C2で展開するのが基本であろう。
キャラクターとの戦闘では+4/+4の大きなな戦闘修正が付与され、高い制圧力を誇る。さらに、(自動γ)により、戦闘で相手キャラクターを決死状態にできればドローを封じられるおまけ付きである。
カードゲームの根幹を司る「ドロー」を封じるのは、逆転の可能性を封じることと同義であり、それを回避すべく防御しないという選択肢まで考えられる。
これを逆手に取れば、装備等で強化を施す事によって、相手に苦渋の選択を強いる、といったようにゲームの主導権を握り易くなる。

伝説を保持しないため神器によるサポートは受けられない。輝夜繋がりで新難題シリーズをつけて強化するとスマートだろう。

  • 第十一弾現在、ノード・コストの合計値が最も高いキャラクターカード。月都万象展でほぼ確実に出せる。


関連


※名称に「蓬莱山 輝夜」を含むカード

※「八意 永琳」を参照するカード