※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《綿月 豊姫》

No.815 Character <第十弾
GRAZE(3)/NODE(8)/COST(4) 種族:人間

警戒 伝説

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたの冥界の上のカードX枚〕を裏向きにしてあなたの場にスリープ状態でセットしても良い。以後、そのカードはキャラクター「玉兎(GRAZE1、1/1、種族:妖怪/獣」として扱う。Xは相手プレイヤーの場のカードの枚数からあなたの場のカードの枚数を引いた値に等しい。

(自分ターン)(1)(S):
 目標の〔あなたの場のキャラクター2枚〕を破棄する。その後、〔キャラクター1枚〕を決死状態にする。

攻撃力(6)/耐久力(7)

「最近は月の都に不穏な空気が流れているからね。私たちの人手は多いに越したことはない」

Illustration:雨宮結鬼

コメント

数の不利を数で補い、質の不利は二人一殺玉砕突破。
指揮官としては多分間違ってる。鉄砲玉にされる達が哀れである。

プレイして場に出た際に、1/1の玉兎を相手の場のカードの枚数差だけ生み出す。キャラクターの枚数ではないので、焔星『十凶星』をはじめとする裏向きカードを多様する相手とは比較的相性が良く、特に超小型プランク爆弾を相手に貼って寝かせれば、一気に数を稼ぐことも可能。上手くいけば、キャラクター展開で大きくリードを得る事になる。。
ブロッカーの質よりも数を求められる場面では非常に重宝する。裏向きであり、種族妖怪と強化しやすい要素が詰まっているため、最低限の数で下地を作っておけば質と量を一気に得ることも可能。を強化する関係で鈴仙・優曇華院・イナバ/10弾とは相性がよく、闇符『ダークサイドオブザムーン』妖怪であることに有用である。

また、自分の場のキャラクターを2枚破棄することで、キャラクターを1枚決死状態にすることも出来る。自分で生み出した玉兎を投げるも良し、仕事を終えてブロッカーになったサニーミルク/1弾や動けなくなったくるみ/9弾などを投げるも良し。
さらに場のキャラクター1枚を決死状態にする効果は、目標をとらず解決時に対象を決めるために対処しづらい効果である。
似たような効果を持つカードに霊烏路 空/9弾が居るが、全体的なコストやその制限はあちらの方が遥かに優れている。しかし下位互換というわけでは無く、こちらの効果は、対象に制限が無いという点で勝っており、本人が警戒持ちなのでスリープコストがそこまで痛くないのもポイントであろう。

伝説警戒を所持するとはいえ、8ノード4コストで6/7とサイズは心もとなく、数の差が無ければ玉兎を生み出す能力もいまいち振るわない。アドバンテージを取ろうとして、耐えられる限界を間違えることの無いようにプレイしたい。

関連