※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《姫海棠 はたて》

No.804 Character <第十弾
GRAZE(2)/NODE(4)/COST(2) 種族:天狗

先制 抵抗(1)

(自動γ):
 あなたのターン開始時、〔相手プレイヤー〕は手札のコマンドカード1枚を破棄する。破棄出来ない場合、相手プレイヤーは手札を公開し、〔あなた〕は手札を1枚破棄する。

攻撃力(4)/耐久力(3)

「お互い対抗新聞同士になって最強を目指すよ!」

Illustration:ヒラサト

コメント

第九弾から連続の収録となった念写記者
効果は姫海棠 はたて/PRを毎ターン使用できギャンブル性が少なくなったようなもの

このキャラクターが場に居続ける限り相手プレイヤーは自分のターンが始まる度にコマンドカードを手札から破棄しなくてはいけない。
自動効果であるためターンの開始時にコマンドカードを自分で使って手札から無くすというプレイングは出来ない。
破棄出来ない場合は相手プレイヤーは手札を見ることが出来るが、代わりに自分の手札を捨てなければならない。
銀ナイフを捨てて手札消費を無くしたり、妖怪の山魔界など冥界にあることで意味を成すカードなどを捨てられれば相手プレイヤーの手札を見つつディスアドバンテージを回避できる。

相手に捨てさせるカードはコマンドカードのみで捨てるカードを選ぶのは相手なので大きくコントロールが出来るわけではないが、放って置いてもは相手の手札からコマンドカードがほとんど無くなりカウンターの心配が減るのでかなり強力だといえる。

  • 対象にしているのは〔相手プレイヤー〕なので閉ざされた瞳などの『〔あなたの手札〕は相手プレイヤーのカードの効果の対象にならない』のような効果が適用されていても手札破棄は解決される。
  • 逆に相手に銀ナイフを握られ続けると手札破棄が止まってしまい、相手の手札が無くなると自分だけ手札を捨てる羽目になる。
  • 自分の手札は無くても問題は無い
  • イリュージョナリィブラストコマンドカードのため手札から無くなるので問題ないが赤眼『望見円月(ルナティックブラスト)』を握られ続けると毎ターン手札破棄&手札破棄を強制させられ、自分がコントロールされてしまう。


関連