※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《幻象「ルナクロック」》

No.829 Spell <第十弾
NODE(1)/COST(1) 術者:十六夜 咲夜
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 目標の〔キャラクター1枚〕をアクティブ状態にする。

狂気の月が時間を歪ませる。
(PR.124:時間を操る事で連続攻撃が可能となる。)

Illustration:gisyo

コメント

十六夜 咲夜のスペルカード
時間を操り2回行動する。

先輩であり、同じ術者を持つスペルカードである奇術『ミスディレクション』とどうしても比較されてしまうカードである。あちらは相手のブロッカーを排除できるという強烈な効果を併せ持ち、攻撃をさらに通しやすい。よってカード単体の効果を見ればこちらが劣ってしまう。

しかしそれだけでこちらが下位互換であるかというとそうではない。このカードの利点はスリープ状態にする他のキャラクターが必要ない点にある。例えばワンターンキルを仕掛けるようなデッキの場合、1ターン目の相手の場にはまずキャラクターがいないので小回りが効くこのカードの方が使いやすく、また1ノードの差も馬鹿にならない。
また奇術『ミスディレクション』にはアクティブ状態のキャラクターを干渉で除去あるいはスリープ状態にすることでアクティブにする効果を目標不適切にするという回避方法もあり、それが出来ないこのカードの方がわずかに信頼性が高い。

とはいえ尖ったデッキでもない限りは奇術『ミスディレクション』のほうが基本的に優秀なので、あくまで使い分けが重要である。
似たような効果を持つ密命も含め、デッキ構築の際はどれを採用するかよく考えよう。

  • 悪夢の記憶チームの起動効果で悪夢の記憶チームを目標にこのカードを解決し続けることで、小悪魔/1弾の戦闘力を無限に増やすコンボがある。詳しくは悪夢の記憶チームのページで。※現在は悪夢の記憶チームのテキスト修正によりコンボは不可である。
  • キャラクターのスリープ起動効果を複数回起動できるカードと考えても良い。上記の悪夢の記憶チームが最たるものだが、スリープコストが必要なだけあって強力な効果が多い。ただし起動コストがある場合は2回分かかるので、その点には注意が必要である。


関連