※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《魂魄 妖夢》

No.796 Character <第十弾
GRAZE(1)/NODE(3)/COST(2) 種族:人間/幽霊

警戒

(自動α):
 あなたの場、または冥界に「魂魄 妖忌」がある場合、〔このキャラクター〕は「先制」を得る。

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたのデッキ〕を全て見て、「楼観剣」、または「白楼剣」1枚を抜き出し、このキャラクターにセットしても良い。その後、デッキをシャッフルする。

攻撃力(3)/耐久力(3)

「何かすっきりしない時は取り敢えず斬ってみる事ね!」
(PR.116:「幽霊道とは死ぬことと見つけたり」)

Illustration:君と子音(PR.116:TORON

コメント

楼観剣白楼剣を使い分ける妖夢。
しかしながら魂魄 妖夢/1弾のように二刀流といった事は出来ない。

このカードを入れるなら、一緒に「楼観剣」か「白楼剣」を入れるのが常識だろう。
プレイ時に装備をサーチできるので、実質的な戦闘力は5/4か4/5になりコスト対戦闘力のバランスが素晴らしいことになる。さらに優秀な戦術である警戒を持つという大盤振る舞い。
ただし楼観剣白楼剣共に現在では扱いにくい装備であるため、能力面での運用性が苦労しそうである。

ちなみに場か冥界に「魂魄 妖忌」があれば先制を得られる。
発動すれば3ノード帯にも関わらず3/3(5/4or4/5)の先制警戒という凄まじい性能になり、序盤の攻めも守りも行える優秀な庭師が誕生する。
ただし、魂魄 妖忌/9弾(自動β)とアンチシナジーを形成してしまっているのがネック。さらに魂魄 妖忌/9弾で呼び出すとこのカードの(自動β)も発動しないので、全体的に魂魄 妖忌/9弾の効果との相性は良くない。
一応魂魄 妖忌/9弾とはエンパシーで対応しているものの、やはり3/3という数値では物足りないだろう。

関連


※名称に「魂魄 妖忌」を含むカード

※名称に「楼観剣」を含むカード

※名称に「白楼剣」を含むカード

※「魂魄 妖夢」を参照するカード