※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《レイセン》

No.785 Character <第十弾
GRAZE(1)/NODE(1)/COST(1) 種族:妖怪/獣

(自動γ):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出たターンの終了時、〔あなた〕は1ドローする。

(自動γ):
 全てのプレイヤーは自分のカードの効果でデッキを見た、または公開した場合、自分の手札を2枚破棄する。

攻撃力(1)/耐久力(2)

「忍び込んだ形跡があった不浄な者はすべて捕えました」

Illustration:まき

コメント

二つ目の(自動γ)が特に強力なキャラクター。

デッキを見る効果と公開する効果に対して手札2枚破棄というペナルティを追加する。このカードのプレイヤー自身もペナルティを受けるため、自分のデッキにもサーチ効果を採用し辛い欠点が生まれる。が、これを使う前提でデッキを構築できるのだからいくらでも回避のしようがある。

(自動γ)であるため、手札2枚の破棄は見る効果や公開する効果の解決後である。香霖堂などの、手札に加えるタイプのカードに有効で、状況次第で引いたカードをそのまま破棄することになることもある。
逆に、運命操作の場合、他に何もなければ解決後は手札が1枚であるため効果がない。

2枚破棄ができなくてもこの(自動γ)が解決に失敗するだけで、元の効果が解決に失敗するわけではない。ルーミア/7弾スターサファイア/9弾による速攻に対しては絶対的な抑止力にならない。

忘れがちだが耐久力が2もあり、ターン終了時にキスメ/5弾のようにカードを1枚ドロー出来る効果を持つ。
ブロッカー兼1ドローカードとして一応の仕事が出来るので、メインから採用しやすいのも特徴。1/2という戦闘力ならくるみ/9弾と相打ちも取れ、不意打ちでも落ちない。このようにただの1ノードキャラクターとしても総じて高い性能を誇っているといえる。

  • 「自分の効果」で「(プレイヤー問わず)デッキ」を見たor公開した場合に発生する。相手のデッキを見たり公開しても手札2枚破棄である。
  • サーチや抜き出し効果を持つカードに依存したコントロールデッキでは対策が必須となる。エンパシーデッキなどはこれ1枚で瓦解する恐れすらある。プレイヤーが対象ではないため禁弾『カタディオプトリック』の対象にならない上に耐久力2で不意打ち単体では決死状態に出来ないなど、対策も容易ではない。
    • ただ、手札が1枚以下ならば何も怖くない。八雲 紫/9弾のように見て「場に出す」タイプの効果は手札枚数自体は必要としていないため、無理矢理押し通すことも不可能ではない。
  • 散符『栄華之夢(ルナメガロポリス)』とこれが揃うと「ドローフェイズスキップ」「デッキトップ3枚見る。1枚手札にして2枚破棄」「手札2枚破棄」となる。
    • デッキトップ3枚から、状況を打開できる1枚を選ぶことで対処は可能だが、手札をプレイ出来るのは2枚破棄を行ってからとなる。そのため、対処カードに対するカウンターまでケアすることが非常に難しい。


公式Q&Aより

  • Q375.「デッキを(全て)見て、~をしても良い」という効果を解決する場合、デッキを見ないと言う事は可能ですか?
  • A375.いいえ、出来ません。デッキを見る所までは必ず実行します。以降の部分については任意となります。


関連