※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《玉兎》

No.784 Character <第十弾
GRAZE(1)/NODE(1)/COST(1) 種族:妖怪/獣

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたの冥界の上のカード1枚〕をアクティブ状態でノードに加えてもよい。

攻撃力(1)/耐久力(1)

「マジでー?」

Illustration:まき

コメント

二匹目の月の兎さん。
プレイ時に冥界の一番上のカードをアクティブでノードに加えられる能力を持つ。
マジでー?

玉兎/5弾同様ノード加速を得意とするが、一匹目に比べ少々取りつき難いキャラクターとなった。
前回のような疑似マナチャージではなく、冥界の上のカード一枚なので冥界にカードが存在しない場合は解決できないので序盤にプレイすることにアドバンテージは少ないといえるだろう。
かと言って中盤に来られると戦闘力の上回るリリーホワイト/1弾で十分になってしまう。

初手にこのカードとマナの生成に加えて黄泉の舟香霖堂裏取引のような冥界肥やしカードや、豊符『オヲトシハーベスター』のような2ノード1コスト以内でプレイ出来るスペル・コマンドカードがあればいきなり3ノードまで到達出来る。
とはいえ既にこのカードをプレイすることが前提となるので、プリズムリバーデッキや鍵山 雛から悲運『大鐘婆の火』をプレイする以外ならば、このカードではなく大人しくサニーミルク/1弾アリスを出した方がずっと安定するだろう。

冥界からカードを引き上げることができるのでうまく使えればいい活躍をしてくれるのではないだろうか。

関連