※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《超人「聖 白蓮」》

No.775 Spell <Special Collection Vol.8
GRAZE(5)/NODE(8)/COST(3) 術者:聖 白蓮

【連結(「聖 白蓮」+大魔法「魔神復誦」)】

【幻想生物】

(自動α):
 〔このキャラクター〕は「種族:魔法使い」を持つものとして扱う。

(自動γ):
 あなたのターン開始時に〔あなた〕は〔あなたの冥界にある名称に「魔法」を含むカード1枚か、「種族:魔法使い」を持つキャラクターカード1枚〕をゲームから除外しても良い。除外しない場合、〔このキャラクター〕を破棄し、〔ゲームから除外されている「聖 白蓮」1枚〕をあなたの場にアクティブ状態で出す。

(常時)(2):
 ターン終了時まで、目標の〔キャラクター1枚〕は「先制」と「貫通」と「戦闘修正:+3/+3」を得る。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

攻撃力(8)/耐久力(10)

人智を超えた魔法の力で脅威の身体能力を獲得する事に成功した。

Illustration:Fue

コメント

聖 白蓮のスペルカード
【連結】(ユニオン)を持つ幻想生物。

種族:魔法使いとして扱われるのは、これが白蓮本人でもあることを表現した結果だろうか。
8/10という高い戦闘力と、パンプアップの起動効果、擬似維持コストのような能力を持つ。

起動効果では、先制貫通、戦闘修正+3/+3を2コストで付与できる。聖 白蓮/7弾では合計5コスト+スリープが必要だったので大幅に軽くなったが、ターン一回制限となってしまっている。
とはいえ、コンバットトリックとしては十分活用が可能である。単体で突撃させるだけでも十分強いが、他にそこそこの性能のキャラクターがいればさらに戦略の幅は広がるだろう。

(自動γ)は、場に維持するためにカードを要求するもの。
自分のターン開始時に「種族:魔法使いであるキャラクターカード」か、「魔法」を名称に含むカードを「冥界から」除外することを求められる。対象が非常に限定的なため無縁塚が非常に刺さりやすい。
除外しないことを選んだ場合、または除外できない場合は、このカードを破棄することになる。このとき除外エリアにある「聖 白蓮」を場に出せるため、一気に場が崩れることは無い。聖 白蓮/10弾の効果で複数のキャラクターを強化してごり押ししたほうがよい場合もあるので、一概に欠点とは言えない効果である。

なお、この効果で除外エリアにある超人『聖 白蓮』を場に出すことも可能である。連結を解決しなければならないし、(自動γ)が再発生する(IR-7.7.2)ため、通常はほとんど意味が無い。
相手の超人『聖 白蓮』コントロールを奪った時には役立つテクニックかも知れないが…。

  • カード名称に「聖 白蓮」を含むため、場以外の領域でも、名称を求められる状況では「聖 白蓮」として参照できる。
  • 8/10という戦闘力は聖 白蓮/7弾が自身に3つ目の常時効果を使用した数値と同じである。


関連



※名称に「魔法」を持つスペルカード

※名称に「魔法」を持つコマンドカード